ヨイヤド.jpサイト

温泉ヨイヤド.jp 口コミで探せる全国の温泉宿

41yado Facebookページ

ケータイでの温泉宿探し
[温泉]ヨイヤド.jpモバイル


ケータイで宿探し
[ホテルと旅館]ヨイヤド.jpモバイル


記事カテゴリー

タグ一覧

ご紹介

2012 年 7 月 31 日

西伊豆の戸田温泉(へだおんせん)にある「海のほてるいさば」に宿泊しました。西伊豆に久しぶりにスノーケリングしに行くことになり、選んだ宿がここです。眺望自慢のいさばの展望風呂の付いた部屋に2名で宿泊しました。

戸田温泉と海のほてるいさば

戸田温泉とは西伊豆と呼ばれる地域でも北の方で、住所としては沼津市です。西伊豆の入口と言えば土肥(とい)が有名です。そして堂ヶ島や雲見などは土肥から海岸沿いを南下するわけですが、戸田は土肥から15kmほど北に上ったところにあります。今回の我々のように車で行くには修善寺温泉を抜けて戸田峠を越えて行きます。そういう意味では近いです。また沼津港から船で30分なのでそんな行き方も面白そうですね。今回戸田を選んだのは、西伊豆にスノーケリング行きたかったのですが、浮島(ふとう)や雲見は1泊でいくには少々遠いなあ、と思ってもう少し近いところで探したのが井田という海でした。そこで井田から最寄とも言える温泉地である戸田を選んだわけです。
さて、海のほてるいさばは戸田温泉の中ではここかな、という無難な選択をした程度です。以前から少し気にはなっていた宿だったので特に迷うことなく決めました。展望風呂付きの部屋で伊勢えびのお造りが付いたプランです。

戸田温泉海のほてるいさばに到着

戸田の海水浴場を右目に見て左コーナーをぐいっとのぼったところに海のほてるいさばはあります。道路の右に建物と駐車場、道路を挟んで左手も駐車場です、夏休みシーズンだからか、日曜日なのにホテル側の駐車場はいっぱいなので、反対側に停めました。今日は戸田の海で遊ぶために少し速くついてチェックインする予定でした。戸田の海水浴場(御浜海水浴場)までは徒歩5分ほど。少々急ですがすぐに行けるのが助かります。
さて、到着すると、ロビーから見える景色は確かにきれいです。あいにくかすんでいましたが、静岡の本土(?)がずーっと見渡せます。全体的には古い感じ。昔ながらの温泉旅館、という風情が漂う旅館です。支配人な感じの方から丁寧な説明があり、エステや岩盤浴などもあるのでその辺の時間調整や予約もその場でできます。その後部屋に案内されます。エレベーターもカラオケスナック(?)とともに結構年季を感じます。ホテルが斜面に建っているのでロビーは4階。今回泊まる部屋は1階、です。

海のほてるいさばロビー1
海のほてるいさばロビー2海のほてるいさばロビー3海のほてるいさばロビー4

ほてるいさばの部屋

今回宿泊したのは展望風呂付きの部屋です。「あかねの詩」という名称の付いた「すぺしゃるふろあー」(ひらがななんです!)です。どうやら和室(たたみ)と洋室(ベッド)の2仕様あるようですが、洋室でした、なんでそうなったのかは不明です。
入口に4人座れるダイニングスペース。続いてベッドが2つ。一番奥がたたみ風の広縁とテラス。その横に展望風呂、そんな感じの作りです。いずれも2名で過ごすには十分な広されです。でもなんとなく変わったつくりですね。もちろん全体にとてもきれいですが、たとえばダイニングの椅子などいかにも一時代前、な感じが漂うのもご愛嬌。お風呂とテラスは多分後から改装したのかとてもきれいです。少々視界が狭いですが眺めはとてもいいです。着いた日はかすんでいましたが、夜は沿岸部の明かりはよく見えました。また翌朝はすっかり晴れ上がっていて、とてもよい眺めを味わえました。後になって思いましたが、この造りなら和室の方がよかったかな?

海のほてるいさばの部屋1海のほてるいさばの部屋2海のほてるいさばの部屋3海のほてるいさばの部屋4海のほてるいさばの部屋5
海のほてるいさばの部屋からの眺め1海のほてるいさばの部屋からの眺め2海のほてるいさばの部屋からの眺め3海のほてるいさばの部屋からの眺め4

戸田温泉海のほてるいさばの風呂

あかねの詩の部屋の展望風呂は2名でゆったり入れるほどです。洗い場が狭いのが難点かな?大浴場や貸切風呂も別途あるので、そういうのはそちらで済ませて部屋のお風呂は好きな時にのんびりつかるため、と割り切ればOKでしょう。石造りでたいそう素敵な景色が楽しめます。朝、昼、夜、いつでも気持ちよく入れます。バスタオルが1人2枚あるのとバスローブも付いているのは良いですね。
また今回岩盤浴も行きました。いさばの岩盤浴施設は貸切風呂とセットになっているので、結果的には岩盤浴付きの貸切風呂に行った、ということになります。こちらは2名で1時間4,000円くらいでした。貸切風呂は最上階6Fの専用コーナーにいくつか並んでいます。湯上り処もカウンターっぽく備えてあります。お風呂はふちがヒノキ(多分)で洗い場なども広く、岩盤浴にも入っていれば1時間はあっという間でした。この貸切風呂は結構オススメです。
※今回大浴場にはいっていないのでレポートできません。

海のほてるいさばの部屋付き展望風呂1海のほてるいさばの部屋付き展望風呂2
海のほてるいさば貸切風呂入口海のほてるいさば湯上り処
海のほてるいさば貸切風呂1海のほてるいさば貸切風呂2海のほてるいさば貸切風呂3

ほてるいさばの料理

部屋にダイニングスペースがあることからも分かる通り、今回は夕食も朝食も部屋で食べました。
まず夕食ですが、食前酒に始まり伊勢えび(お造り)、刺身、ずわいがに、そして三島豚のしゃぶしゃぶ、など(西)伊豆の宿っぽいメニューで満足できました。全体にいちいち素材が高級、とかそういうことではなく、普通レベルだと思うのですが、特に凝り過ぎることもない風な料理と味付けで満足できるものでした。特に海鮮系はきちんと素材が新鮮なら料理は普通、素朴でいいと思うので我々としては満足です。軽い海遊びの後だったので多めの量でしたが何とか完食。

海のほてるいさばの晩御飯1海のほてるいさばの晩御飯2海のほてるいさばの晩御飯3
海のほてるいさばの晩御飯4海のほてるいさばの晩御飯5海のほてるいさばの晩御飯6海のほてるいさばの晩御飯7海のほてるいさばの晩御飯8

朝食にはその伊勢えびが形を変えて登場。出汁になって最後まで活躍してくれました。朝食も量が多いですが、これからスノーケリングだししっかり腹ごしらえしておきたかったので満足でした。朝食の後にコーヒーを持ってきてくれたのは良かったな。

海のほてるいさばの朝食1海のほてるいさばの朝食2海のほてるいさばの朝食3

ほてるいさばの総評

西伊豆は全体に素朴で田舎臭いところです。それが西伊豆の良さで、特に伊豆高原みたいな雰囲気を求めるものではありません。筆者もこれまで西伊豆では民宿やもっと小さい宿にしか泊まったことはなく、このくらいの規模の旅館(30室くらい)は初めてでした。そんな西伊豆のノリを考えればこんな感じかなー、と普通に納得しました。でも、たとえば伊豆、海際、温泉、がセットになった宿なら2か月くらい前に泊まった下田の大和館の方がよかったかな、と思います。もちろんエリアも訪問目的も全然違うので直接比較するのは変ですが。宿だけを比較するなら、そしてどちらでも行けるというのなら大和館を選ぶかな、というそんな感じです。

「海のほてるいさば」の
ここが○
・料理がおいしい
・車での交通の便が良い
・支配人や部屋係の説明がとても親切
「海のほてるいさば」の
ここが×
・冷蔵庫も自販機も飲み物が高すぎ
・電波状態が悪すぎ。au,Softbank,Emobile全滅。LANやWi-Fiのサービスもない
・じゃらんでもホームページでも結局宿や部屋の様子がさっぱり分からない

海のほてるいさばに予約する(じゃらん)
他の予約サイトやホームページから海のほてるいさばに予約する



ヨイヤド.jpは口コミ評価を重視して品質の高い宿を簡単に探して予約できるサイトです。
[温泉]ヨイヤド.jp
全国温泉宿の検索と予約
ヨイヤド.jp
全国のホテルの検索と予約
首都圏[ホテル]ヨイヤド.jp
首都圏ホテルの検索と予約


ブログランキング(よろしければクリックして行ってください)
 にほんブログ村 旅行ブログへ

タグ: