ヨイヤド.jpサイト

温泉ヨイヤド.jp 口コミで探せる全国の温泉宿

41yado Facebookページ

ケータイでの温泉宿探し
[温泉]ヨイヤド.jpモバイル


ケータイで宿探し
[ホテルと旅館]ヨイヤド.jpモバイル


記事カテゴリー

タグ一覧

ご紹介

2012 年 10 月 2 日

沖縄ダイビング1

海を求めて沖縄に行くなら名物の一つと言ってもいい青の洞窟。今回体験ダイビングというメニューでこの青の洞窟に行ってきました。青の洞窟自体行くのは初めてです。またダイビングも初めてです。スノーケルや素潜りは何度もやっているのですが、大緊張で行ってきました!緊張した証拠に写真がほとんどありません。でも大感動でした!

真栄田岬、青の洞窟はどこにある?

青の洞窟は真栄田岬というところにあります。まずは下の地図をご覧ください。
真栄田岬の地図、アクセス

青の洞窟は真栄田岬から階段を100段くらい降りて、さらに少し離れたところにあります。階段から海に入るところは岩場でかなりアドベンチャーな感じです。まずこの海に入るのに、個人が勝手に入っていいのかよくわかりません。ショップのガイド(インストラクター)と一緒に入れという看板を見た気がします。日(天候、海の調子)によっても違うのでしょうか?何しろ人気のスポットなので多くの人が押し寄せます。ほとんどウェットスーツを着た人つまりダイビングショップから来た人で、そうでないなりの人はほとんどいなかったから、やはり個人で勝手に来る人というのは(ほとんど)いないと思われます。この辺ほんとうの事情はよくわからないので個人で勝手に行こうという方は自分で調べてみてください。ちなみにほとんどがスノーケル組です。

がちがちに緊張しながら初チャレンジ

ダイビングなのでもちろん装備があります。タンクは特に重いです。息の吸い方やマウスピースの使い方など一通りレクチャーを受け、耳抜きの練習などをしてからいざ出発。この時点で汗だくです。女性はタンクをその階段下まで運んでもらえます。男は背負って歩きます。結構怖いです。ダイビングショップの人は力持ちですごいなあと感心。
足場の悪い岩場をなんとか抜けて海へ。ここが岩場で波(潮)が強いためなかなか難儀です。鎖につかまって足ひれをつけてもらい、浅いところで呼吸などの練習。そこで足元にはすでに熱帯魚がわんさといるのがさすが沖縄。何度か練習をしながら徐々にインストラクターに連れられて海の深みへと進んでいきます。いつしか潜っていて、上を見上げると結構深い。後で聞いたら8mくらい潜っていたそうです。水面付近にはスノーケルをしている人がたくさん見えます。同じようなコースをダイビングしている人も多いので何度かすれ違います。最初はちゃんと呼吸することばかり考えていて緊張しています、このダイビングは洞窟までの往復コースなわけですが、往路はほとんどインストラクターが引っ張ってくれるので浮いているだけです。ただのお荷物ですね。どんどん泳いでいくうちに暗くなって寒くなってきました。どうやら洞窟の奥に到達したようです。反対を見ると青く輝いています。ここが青の洞窟、ですね。懐中電灯で岩場を照らすと夜行性の魚がたくさんいます。

ということでここから戻ります。帰りは自分たちで泳ぎます。ここまで来ると少し余裕が出てきて力も抜けて周囲を楽しめるようになります。ようやく大感動を味わえました。沖縄では何回もスノーケリングはやっているのでどのような魚が見られるか、どのくらいたくさんいるかなどは体験済ですが、やはりダイビングで底に張り付いて間近で見ると感動が違います。美ら海水族館の水槽にいる魚が目の前をたくさん泳いでいる状態です。時々餌をもらってやったりして。ちなみにクマノミに餌をやろうとしても周りに大きな魚がいっせいに集まってきて全部食われてしまします。クマノミとしては返って迷惑なのかもしれません。
ほんとうはこの時のために防水のデジカメを買って行ったのですが、自分では全く撮ることができませんでした。余裕がなくて。代わりにインストラクターが我々の写真を撮ってくれたのでそれはあるのですが、海の中や魚を撮った写真が全くないという、なんとも情けない有様です。たまたま人を撮ったら魚に邪魔されてダイビングの写真ぽくなった、のがこれです。

沖縄ダイビング2

あと、この辺の写真はたくさんネットに上がっていると思うのでGoogle 画像検索のリンクを張っておきます。きっと筆者が撮るより上手な写真もたくさんアップされていることでしょう。これを見て楽しんでください。

青の洞窟の写真たち

海中にいた時間は呼吸の練習時間なども含めて1時間程度でしょう。潜った後タンクを背負って足場の悪い岩場から上がるのが怖いです。さらに階段を上るのは少々負担が高いです。タンクの重さがずしっと足に来ます。

参考情報1:青の洞窟への行き方

沖縄の多くのダイビングショップがこの青の洞窟への体験ダイビング、スノーケリングのコースを提供しています。興味のある人は調べると思うのできっとわかりますが、近辺まで船でアプローチするというコースを提供しているショップもあります。上記の階段はかなりおっくうだし、また駐車場付近がとにかく混み合っているのが少々イヤな感じがしなくもないので、それなら静かなところで準備して船で近くまで行ってから潜る、というコースもアリなんじゃないかと思います。もし次回また青の洞窟に行きたくなったら筆者も船コースを選択するような気がします。

参考情報2:そもそも青の洞窟へ行く価値があるか?

沖縄で体験ダイビング、スノーケルをやってみたいなら一度は行ってみてもいいかもしれません。でも一度で十分かなと。下に紹介する今回お世話になったアイランド倶楽部というショップも他のショップもそうですが、青の洞窟ではないコースも用意しています。筆者がやったことがあるのはスノーケリングですが、別に青の洞窟じゃなくても十分に楽しめます。「一度は話のタネに行っておくべき」かもしれませんがその程度です。あまりこだわりすぎない方がよいと思います。上には「もう一度行くなら」と書きましたが、きっともう行くことはないと思います。次回体験ダイビングは青の洞窟以外にチャレンジしたいです。また、下にありますがもし青の洞窟コースが満員で、他へ行くコースが空いていたら気を落とさないで他のコースへ行ってみましょう。青の洞窟にこだわりすぎて沖縄の海を味わうのをあきらめるのはあまりにもったいないことだと個人的には思います。

参考情報3:必ず事前に予約をしよう

ダイビングショップには時間的な余裕をもって事前に予約しましょう。それも2,3日前などではなく、2,3週間前に予約するのがいいです。さもないとかなり満員で行くことができない場合もあります。実は今回筆者たちも沖縄に行く1週間ほど前に予約したらかなり満員で、たった一つ空いている時間帯があったのでやむなくそこにしました。結果的には当初考えていた予定より1日遅れたために天候は予想に反して晴れ、というラッキーな状態でした。特に体験ダイビングはインストラクター1人に対して我々2名、とキャパがかなり限られるのでゆとりをもった予約がおススメです。9月下旬の木曜日、金曜日などでもこういう状態でした。8月のハイシーズンは行ったことがないのでわかりませんがもう予約は激戦ではないでしょうか?

参考情報4:ホテルで頼む?ショップで頼む?

ちなみにホテルでも青の洞窟でもほかでもこういうダイビングやスノーケリングのコースを用意しているところがあります。ついホテルでまとめて頼んでしまいそうになりますが、個人的にはショップを探して頼むのがおススメです。
ホテルで頼んでも、実際はこういう提携しているダイビングショップが主催するものもあります。つまりホテルにダイビングショップのバスが迎えに来てくれる、それ以上のものではないということです。それはそれで便利かもしれませんが、ホテルで頼むと総じてダイビングショップに直接予約するより値段が高くなります。ですので少し手間だったとしても自分でこういうショップを探すのがおススメです。
ダイビングショップはるるぶなどに広告はたくさん出ているので探すのは簡単です。

今回お世話になったショップ

最後に今回お世話になったショップを簡単に紹介します。今回使ったのは「アイランド倶楽部」というショップです。真栄田岬の駐車場にはダイビング用のタンクなどを管理する施設があるのですが、そこを使うことができるショップで、たぶんこの辺ではかなり大手、有名どころと言ってよいショップだと思います。ウェットスーツなどはショップで着るのですが、大変なにぎわいです。以前沖縄に来たときにはスノーケルを申し込んだことがあり、今回もここにしました。インストラクターはみんな元気で、いい人たちです。もちろん人付き合いなので合う、合わない、はあるかもしれませんがそれは何であれ仕方のないところでしょう。総じて設備も充実していて新しく、清潔感も高いのでそういう点では満足度が高いと思います。
ちなみに青の洞窟体験ダイビングは一人8,400円。予約時期や人数によって少し変動があります。

アイランド倶楽部1アイランド倶楽部2

アイランド倶楽部ホームページ

一言でいうと大緊張&大感動

一応最後にまとめを。
体験ダイビングは一言でいうと大感動でした。これは楽しいです。沖縄に来る都度、あるいはほかのところでも何度でもやってみたいです。初めてだったので大緊張したのも事実です。でも2回目はきっともっとリラックスして、上手にできるのではないかと思います。今年はもう無理だと思いますが来年の夏もできたらいいな、と素直にそう思います。次回はダイビング中心に沖縄に来るのもいいなと思います。



ヨイヤド.jpは口コミ評価を重視して品質の高い宿を簡単に探して予約できるサイトです。
[温泉]ヨイヤド.jp
全国温泉宿の検索と予約
ヨイヤド.jp
全国のホテルの検索と予約
首都圏[ホテル]ヨイヤド.jp
首都圏ホテルの検索と予約


ブログランキング(よろしければクリックして行ってください)
 にほんブログ村 旅行ブログへ

タグ: