旅を楽しむ旅行モデルコースを探すなら「TabiLog」

海外

関東

関西

四国

北海道

東北

九州

沖縄

最新記事

  • イタリア・フィレンツェと小さくてかわいらしい街へ、深掘り3日間の旅
    魅力的な街が多いイタリア。今回は、フィレンツェを拠点とした旅をご提案。「屋根のない美術館」とも称される美しい街・フィレンツェ。ハイブランドの本店も多く構えており、ファッションを楽しむ人にも魅力的です。 少し足を延ばすだけでも、小さくてかわいらしい町も多く、胸がときめきます。女子旅にもおすすめです! 1.1日目 10:00 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 フィレンツェの中心地、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から旅がスタート。ローマやミラノ、ヴェネチア、ボローニャなどからも直通列車が乗り入れているため、イタリアのどの地域からもアクセスが簡単です。 駅から歩いて5分のサンタ・マリア・ノヴェッラ教会へ。ファサードと呼ばれる教会の正面が目に飛びこんできます。この教会のファサードは、イタリアで最も美しいと言われることもあり、調和のとれた幾何学的な模様が印象的です。 2.1日目 11:00 サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局本店 歩いて5分ほどの、サンタマリアノヴェッラ薬局本店へ。かつて教会の修道女たちがハーブや薬草の香りで人々に癒しを与えてきました。その歴史は800年にもおよび、修道女たちの施しの精神は、世界最古の薬局として、脈々とこの街に息づいています。 現在、フレグランスや化粧水、石鹸などを販売している、この本店自体、まさに歴史的建造物。フレスコ画に彩られた天井や、大理石のアプローチ、何百年と使用されてきた器具など、まるで美術館のようで、息を飲むほどです。 3.1日目 12:00 「フィレンツェ市民の台所」中央市場でランチ おなかもすいてきたので、ランチに出かけましょう。おすすめは、薬局から徒歩10分程度の場所にある、フィレンツェ中央市場。1階は、食材などが並び、地元の方もよく利用しています。お土産探しにも最適です。 おすすめは、なんといっても2階!ここには、朝10時から深夜まで利用可能なフードコートがあります。フィレンツェの食を網羅する数十軒の店舗から、好きな料理をピックアップ。好きな席で食べることができ、気軽に食事ができると大好評です。 フィレンツェ名物、牛のモツを煮込んだ「ランプレドット」、ぜひ味わってみてくださいね!コーヒーやワインなどのドリンクもあるので、ちょっとした休憩に利用するのもおすすめです。 4.1日目 14:00 フィレンツェのランドマーク・ドゥオモ おなかがふくらんだら、少し歩いて、フィレンツェのシンボル、ドゥオモへ。正式名称は「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」。13世紀に着工され、現在の姿になるまで600年以上の歳月を費やしましたが、現在に至るまでも建築史上最高峰の美しさと称されています。 「クーポラ」とよばれるドーム型の屋根が特徴的ですね。このクーポラは展望台となっており、ここからフィレンツェの美しいパノラマが堪能できます。しかも、クーポラまで上がる途中には、大聖堂の天井にあるフレスコ画を近くでみることができるスペースがあるんです!こちらも見逃せません。 また、ドゥオモではなく、その隣にある「ジョットの鐘楼」に上がってみるのもおすすめ。こちらからもドゥオモ同様、フィレンツェの絶景が広がります。ジョットの鐘楼の魅力はなんといっても、ドゥオモのクーポラ越しにフィレンツェの街並みを堪能できること。 ドゥオモ、ジョットの鐘楼、いずれも400段以上の螺旋階段を上がる必要があり、なかなか大変ですが、体力に余裕のある方はぜひ上がってみてくださいね!(事前予約は必須です!) 5.1日目 16:00 眼下に広がる絶景!ミケランジェロ広場 ドゥオモから、フィレンツェの街中を流れるアルノ川方面へ向かいます。両サイドに貴金属店が並んでいることで有名な橋・ポン・テ・ヴェッキオを渡って、ミケランジェロ広場へ。坂を上っていく途中から、後ろを振り向くと、すでに素晴らしい景色が広がりますが…、広場に着くまでは、ちょっと我慢してくださいね! 10分ほど上ったら、広場に到着。すでに世界中からの観光客が集まっています。広場に着いたら、さあ、振り返ってください!フィレンツェの絶景が広がり、声が出ないほどです。長い歴史の中で、大切に守られてきたフィレンツェの街に想いをはせて、いつまでもそこに佇んでしまいます。 ミケランジェロ広場は、坂道に上ったところにあるので、途中疲れたら、ジェラートで休憩してくださいね! ☆おすすめのジェラート屋「Il Gelato di Filo(イル・ジェラート・ディ・フィロ)」ミケランジェロ広場に上る坂のふもとにある、小さなジェラート屋。昔ながらの小さいお店ですが、味は間違いなし。外国人観光客も多く、英語(指さし)オーダーOKです。 6.1日目 19:30 トスカーナ名物・ビステッカに挑戦! フィレンツェに来たからには、絶対食べたいのが、ビステッカ!トスカーナ州で飼育されているアギーナ牛のTボーンステーキです。ステーキといっても、まるで肉の塊のように巨大で、厚さは少なくとも5センチほど…。 ほとんどのレストランで、1キロからの注文になるので、複数人でシェアしましょう!(私のようにふたり旅で頑張ってしまうと、まさに「挑戦!」になってしまいます…。)どうしても量を減らしてほしい場合は、予約の際に話しておきましょう。メインは、なんといってもTボーンステーキなので、前菜はサラダなどで軽めにしてくださいね。 ☆おすすめレストラン「Il Latini (イル・ラティーニ)」友人のイタリア人に聞いたところ、一番評価が高かったのが、ここ。ガイドブックにも載っている超有名店です。オープンは19時半からですが、オープン前から大行列になっています。お早目の予約を強くおすすめします! 7.2日目 9:00 世界の至宝・ウフィッツィ美術館でアートを楽しむ 朝からウフィッツィ美術館へ。事前予約は必須です!超巨大な美術館で、全部見終わるのに、少なくとも3時間から5時間程度かかります。(私は美術に疎いほうですが、ただコース通り歩くだけでも3時間はかかりました…。)朝9時には入館するのがおすすめです。 所蔵品は、少し挙げるだけでも、レオナル・ド・ダヴィンチ「受胎告知」、ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」「春(プリマヴェーラ)」、他にもラファエロやミケランジェロなど、ルネサンスを代表する芸術家の作品が集められています。実物を間近で見ると、思わずため息がでるほど。ここでしか見られない名画の数々を楽しみましょう。 8.2日目 14:00 ヴェッキオ宮殿でフィレンツェの歴史を知る ランチはイタリアのサンドイッチ・パニーノで軽く済ませたら、次はウフィッツィ美術館のすぐ隣、ヴェッキオ宮殿へ。14世紀、ルネサンスの最盛期に、当時の最高権力者(メディチ家)の館として建設され、現在は市庁舎として利用されています。 一般公開されている大会議場「五百人広場」は、トムハンクス主演の映画「インフェルノ」にも登場したことで有名。フィレンツェと他の都市の戦いの様子を描いた巨大な絵画は必見です。 9.2日目 16:00 ハイブランド通りでショッピング 宮殿から歩いて10分程度のトルナブオーニ通りには、グッチ、サルヴァトーレ・フェラガモ、エミリオ・プッチなどの著名ブランドが本店を構えています。店内でのお買い物はもちろん、ウィンドウを眺めているだけでも、気分が上がります! 10.3日目 9:00 斜塔の街・ピサ 3日目はフィレンツェから少し足をのばして、郊外の街へ出かけます。サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から、ローカル列車に乗って、約1時間。乗り換えなしで、ピサ中央駅に到着です。 かつて海洋国家として栄えた小さな街・ピサ。この小さな街を一躍有名な観光地にしたのは、そう、「ピサの斜塔」です。斜塔があるドゥオモ広場は、世界遺産にも登録されており、世界中の人々が集まります。 「それでも地球は動いている」という名言を残したガリレオ・ガリレイの出身地で、ガリレオ自身がピサの斜塔から物を落とす実験を行ったことでも有名です。ピサの中央駅からドゥオモ広場までは、歩いて30分程度かかるので、駅からタクシーに乗ってもいいですね。また、斜塔に上るのは、事前予約がおすすめです。 11.3日目 12:00 中世の香りが色濃く残る街・ルッカ 次は、ピサから列車で30分、トスカーナの田舎街・ルッカへ向かいましょう。古くから大都市フィレンツェと競い合っていたルッカ。現在も中世の香りが色濃く残り、17世紀に築かれた城塞が、街の周りをぐるっと囲んでいます。 その城塞の上を歩いて、ルッカの街並みを眺めていると、まるでタイムスリップしたような気分に。フィレンツェはどの季節も観光客でごった返しているので、ルッカの落ち着いた街並みにほっとします。 ルッカでまず立ち寄りたいのが、「野外劇場広場」。古代ローマ時代の劇場が、形を変えて広場として残されている、ヨーロッパでも珍しい広場です。ぐるっと360度建物に囲まれていて、カフェやレストラン、バーなどが並んでいるので、ランチはここがおすすめ。ちょっとした休憩にもぴったりですね。 また、ルッカのランドマークは「クイニージの塔」。約44メートルの塔で、螺旋階段で上ることができます。230段となかなかハードですが、階段の途中踊り場には、中世の戦いの様子が描かれた絵が飾ってあり、楽しみながら屋上を目指せます。 屋上には、小さな庭園があって、ほっと癒されるのも、魅力のひとつ。もちろん、頂上から眺めるルッカの街並みと、トスカーナの風景は、忘れられないものになるでしょう。 ルッカをじっくり堪能したあと、帰りは、フィレンツェまで1時間半の直通列車があるので、安心ですね。列車移動が心配という方は、様々なツアー会社がオプショナルツアーを催行しているので、参加するのもいいでしょう。 ☆おすすめオプショナルツアー「世界遺産ピサ&ルッカ 1日観光ツアー」https://www.veltra.com/jp/europe/italy/firenze/a/158027 12.まとめ いかがでしたか?見どころが多く、何日いても飽きないイタリア。いくつかの都市をまわっていく旅もいいですが、たまには一か所に滞在して、そのエリアの魅力を深掘りするのもいいですね。 新しい旅の形で、皆さんの旅がさらに充実したものになると、とてもうれしいです。
  • 【3泊5日】ホーチミン弾丸トリップ!観光からグルメ、お買い物までフルに楽しむモデルプラン
    ベトナムの経済都市ホーチミン。若くてエネルギッシュな国民性と、アジアのノスタルジックな雰囲気が融合した魅力的な街です。仕事や趣味に忙しい女性なら、週末と有給を組み合わせた弾丸旅行もアリ。今回は3泊5日で効率良くホーチミンを満喫できる、おすすめのモデルプランをご紹介します! 事前準備はこれで万全! ①パスポートの有効期限をチェック ベトナムに入国するには、パスポートの残存有効期間が「6ヶ月以上」必要です。切れ間近の方は早めに更新を。45日以内の滞在ならビザは不要ですよ。 ②滞在に便利なエリアのホテルを予約 観光やショッピングに便利なのは、ドンコイ通り周辺。高級ホテルからリーズナブルなものまで揃っているので、予算に合わせて選びましょう。 おすすめホテル『ホテル コンチネンタル サイゴン』 コロニアル調の白亜の外観が印象的な老舗ホテル。ドンコイ通り沿いで、どこに行くにもアクセス抜群。中庭のカフェやテラス付き客室からの眺めも魅力的。 1日目:王道観光とローカルグルメを堪能! 聖母マリア教会でフォトジェニックなひととき ピンクベージュの外観が可愛い、ホーチミン市のシンボル的存在。ベトナムにもこんなに素敵な大聖堂が!と驚かされます。 中央郵便局でお土産選び コロニアル建築が美しい、現役の郵便局。限定ポストカードを買って、その場で国際郵便を出すのもいい思い出に。 統一会堂で歴史に触れる かつて大統領官邸として使われていた、由緒ある建物。応接室や執務室など内部見学もでき、ベトナム戦争の雰囲気を追体験できます。 ドンコイ通りでオーダーメイド体験 ベトナムではオーダーメイドがお手頃価格で楽しめるんです。旅の思い出に、自分だけの一着を作ってみては? ベンタイン市場のナイトマーケットで屋台飯! 昼はマーケット、夜は屋台の露店が立ち並ぶベンタイン市場。海鮮鍋片手にビールで乾杯すれば、ローカル気分も盛り上がります! 2日目:メコン川クルーズとベトナム風お好み焼きに舌鼓 メコン川で豊かな自然を満喫 ホーチミン市からバスで約2時間。小舟に乗り換えて、メコン川沿いの島々へ。ココナッツキャンディー工場や養蜂場など、ローカルな暮らしが垣間見れます。 名物料理”バインセオ”の超人気店へ ベトナム風お好み焼き”バインセオ”が美味しいと評判の老舗『BANH XEO 46A』。サクサクの生地に具沢山の具材がたまりません!近くにはフォトジェニックなピンクの教会も。 3日目:ザボンづくしのフルーツ体験ツアー ローカル列車でザボン園へ ホーチミンの駅から列車に乗って、郊外のザボン園へ。車窓から見えるローカルな暮らしも新鮮です。 ザボン園で巨大フルーツを堪能! 東南アジア原産の柑橘”ザボン”を思う存分味わえるザボン園。果樹園見学の後は、ザボン料理が並ぶビュッフェでお腹いっぱいに。 フォトジェニックなお寺にも立ち寄り 帰り道、ベトナム版ウェディングフォトのメッカ「ブーロン寺」に立ち寄り。壮麗な建物をバックにパシャリ! 4日目:最後にリラックスタイム おしゃれエリア2区でお買い物 サイゴン川対岸の新興エリア、2区へショッピングに出かけましょう。お洒落なカフェやセレクトショップが点在する注目スポットです。 スパでリフレッシュ 帰国前にホーチミンの人気スパへ。センスパなら日本語対応可能で、空港送迎付きプランもあるのでおすすめ! ルーフトップバーで乾杯 ナイトライフも欠かせません。『Chill Sky Bar』など、夜景の綺麗なルーフトップバーで、最高の思い出を締めくくりましょう。 旅のポイントをおさらい ホーチミンなら弾丸でも十分観光を楽しめます。まずは短期間の旅行から始めて、ベトナムの魅力にハマってみては?
  • 伊豆熱川バナナワニ園のマナティが死亡?!
    【驚愕】伊豆熱川バナナワニ園のマナティ、実はまだ元気に生きていた! バナナワニ園のマナティが死んだという噂について、誤解を解くための情報をお伝えいたします。バナナワニ園では、マナティたちの健康管理に細心の注意を払っており、専門のスタッフが日々のケアを行っています。現在、バナナワニ園のマナティたちは元気に過ごしており、死亡の事実はございません。信頼性のある情報をお届けするため、正確な情報をご提供いたしますので、どうぞ安心してお読みください。本題に入ります。 バナナワニ園のマナティが死んだか知りたい人へ向けた記事 バナナワニ園とは バナナワニ園は、伊豆熱川にある動物園で、バナナワニをはじめとするさまざまな動物たちが暮らしています。園内には飼育施設や展示エリアがあり、多くの来場者が楽しんでいます。 マナティとは マナティは、大型の水生哺乳類で、バナナワニ園でも人気のある生物です。彼らは穏やかな性格と特徴的な外見で知られており、多くの人々に愛されています。 マナティの健康状態 バナナワニ園では、マナティたちの健康管理に非常に注意を払っています。定期的な健康チェックや適切な餌の提供、専門家の監視などが行われており、マナティたちは健康的に暮らしています。 間違った噂の出所 最近、バナナワニ園のマナティが死んだという噂が広まっていますが、これは誤った情報です。この噂が広まった背景には、一部の情報の不正確さや誤解が関与しているようです。 マナティの元気な姿 実際には、バナナワニ園のマナティたちは元気に活動しています。園内の飼育施設では、観客が彼らの様子を見ることができます。マナティたちは穏やかな表情で泳ぎ回り、元気に餌を食べています。 マナティの安全性について バナナワニ園では、マナティたちの安全性にも常に配慮しています。専門の飼育スタッフがマナティたちを見守り、安全な環境を提供しています。来場者もマナティたちに近づくことができますが、彼らの安全を確保するために一定のルールが設けられています。 まとめ バナナワニ園のマナティが死んだという噂は誤った情報であり、マナティたちは元気に活動しています。バナナワニ園では、彼らの健康管理や安全性に細心の注意を払っており、多くの来場者がマナティたちと触れ合うことができます。マナティの魅力を存分に楽しむために、バナナワニ園への訪問をおすすめします。 バナナワニ園のマナティが死亡した歴史 マナティの生態と繁殖について バナナワニ園では、マナティという大型の水生哺乳類が飼育されています。マナティは温暖な水域に生息し、水草や水中で植物を食べることで知られています。また、繁殖力が低く、出産の際には1頭の子供しか生まれないことも特徴です。 マナティの健康管理について バナナワニ園では、マナティの健康管理に非常に力を入れています。日々の観察や定期的な健康診断を行い、早期に体調不良を発見することを心がけています。また、水質や餌の管理も徹底し、マナティたちが快適な環境で生活できるように努めています。 現在のマナティの状況と取り組み 現在、バナナワニ園では複数頭のマナティを飼育しており、彼らの健康と幸福を守るためにスタッフ一同が日々努力しています。マナティたちは訪れる人々に癒しと興味深い体験を提供してくれますので、ぜひ足を運んでみてください。 バナナワニ園 マナティ 死亡のメリット マナティが死亡するということは、非常に悲しい出来事です。しかし、バナナワニ園 マナティ 死亡にはいくつかのメリットも存在します。以下にそのメリットをご紹介します。 1. 研究の進展に繋がる可能性がある マナティの死亡は、その死因や状態などを詳細に調査することで、動物の生命や生態系に関する重要な知見を得ることができます。研究者たちは、マナティの死亡を通じて新たな発見や問題解決の糸口を見つけることができるかもしれません。 3. 教育的な機会になる可能性がある バナナワニ園がマナティの死亡に際して、その背後にある課題や問題について積極的に情報を発信することで、一般の人々に対して教育的な機会を提供することができます。マナティの死亡を通じて、環境問題や生態系の脆弱性についての理解を深めることができるでしょう。 4. マナティの保護活動の資金集めにつながる可能性がある マナティの死亡により、保護活動や研究に必要な資金を集めるための募金活動やイベントが行われることがあります。人々の寄付や支援によって、マナティの保護に貢献することができるでしょう。 マナティの死亡は、確かに悲しい出来事ですが、その中にはいくつかのメリットも存在します。私たちは、マナティの死亡を通じて、より良い未来のために学び、行動していくことが重要です。 マナティの死亡がもたらすデメリット バナナワニ園のマナティが死んだという噂が広まることにより、以下のようなデメリットが考えられます。 環境への影響 マナティは海洋生物であり、その存在は海洋生態系において重要な役割を果たしています。そのため、マナティの死亡によって周囲の環境にも悪影響が及ぶ可能性があります。例えば、マナティが食べていた水草の増殖が抑えられず、水域のバランスが崩れてしまうことが考えられます。 動物愛好家への失望 バナナワニ園のマナティは多くの人々に愛されていました。そのため、マナティの死亡が公になれば、多くの動物愛好家やファンが失望する可能性があります。彼らがマナティを見に来ることができなくなることで、園の来場者数や売り上げにも影響が出るかもしれません。 研究への影響 マナティは生物学や海洋学の研究対象としても重要な存在です。そのため、マナティの死亡は研究者たちにとっても大きな損失です。マナティの生態や行動に関する貴重なデータが失われることで、今後の研究においても影響が出る可能性があります。 一般の人々への教育機会の喪失 バナナワニ園では、マナティを通じて一般の人々に海洋生物の大切さや保護の重要性を教える機会を提供してきました。しかし、マナティが死んだという噂が広まれば、これまでの教育活動が影響を受けることが考えられます。一般の人々への教育機会が失われることで、海洋環境への理解や保護意識の向上にも影響が出るかもしれません。 以上が、バナナワニ園のマナティが死んだという噂のデメリットです。マナティの存在は環境や研究、教育活動において大きな価値があったため、その死亡は様々な面での悪影響をもたらす可能性があります。 バナナワニ園のマナティが死亡することについて バナナワニ園で人気を集めていたマナティが死亡したという噂が広まっていますが、その情報は間違っています。バナナワニ園では、マナティたちの健康管理に細心の注意を払っており、十分なケアを行っています。したがって、心配する必要はありません。 バナナワニ園のマナティの健康管理 バナナワニ園では、マナティたちの健康管理に最善の努力をしています。専門の飼育スタッフが日々の観察や検査を行い、マナティたちの健康状態を確認しています。食事のバランスや水質管理にも細心の注意を払い、マナティたちが快適に過ごせるように努めています。 マナティの寿命と自然環境 マナティは自然界で生活している動物であり、寿命には個体差があります。一般的には20年以上生きることができますが、環境や生活条件によっても変動します。バナナワニ園では、マナティたちが自然環境に近い状態で暮らせるように心がけており、彼らの健康と幸福のために努力しています。 マナティの生態 マナティは水棲哺乳類であり、穏やかな性格と愛らしい容姿で人気があります。彼らは主に水中で生活し、植物を食べることが特徴です。バナナワニ園では、マナティたちが自然な行動をとれるように水槽を設けており、彼らの生態を観察することができます。 マナティへの訪問者への注意点 バナナワニ園を訪れる際、マナティたちに近づく際の注意点があります。マナティは人懐っこい性格を持っているため、近くに寄りすぎたり触れたりすることは避けましょう。彼らのストレスになる可能性があり、健康に悪影響を与える恐れがあります。また、餌を与える場合も、指示された方法に従いましょう。 バナナワニ園では、訪問者の安全とマナティたちの健康を最優先に考えています。適切な距離を保ち、マナティたちの自然な姿を楽しむことができるでしょう。 バナナワニ園のマナティが死んだという間違った噂 マナティとは? マナティは、熱帯地域に生息する大型の水生哺乳類です。バナナワニ園にもマナティがおり、その愛らしい姿は園内の人気者です。 バナナワニ園のマナティたちの健康状態 バナナワニ園では、マナティたちの健康状態を常に管理しています。定期的な健康チェックや専門家との協力により、マナティたちが快適な環境で生活できるように配慮しています。 間違った噂の真相 最近、バナナワニ園のマナティが死んだという噂が広まっていますが、これは完全なる誤報です。バナナワニ園のマナティたちは元気に生きており、訪れる人々に癒しを与えています。 マナティたちへの配慮と保護活動 バナナワニ園では、マナティたちのために様々な配慮と保護活動を行っています。例えば、水温や餌の提供、環境の再生など、マナティたちが健康に暮らせるように取り組んでいます。 バナナワニ園への訪問 もしマナティたちに会いたい方は、ぜひバナナワニ園を訪れてください。マナティたちの愛らしい姿に心癒されること間違いありません。ただし、マナティたちの安全と快適な環境を守るため、園内のルールを守りましょう。 バナナワニ園では、マナティたちが元気に暮らしていることを保証します。是非、本物の情報を大切にし、バナナワニ園のマナティたちに会いに来てください。 以上、伊豆熱川バナナワニ園のマナティが死んだという間違った噂についてお伝えしました。バナナワニ園ではマナティたちが元気に過ごしており、訪れた方々に癒しと感動を与えています。正確な情報を得るためには、公式の発表や最新のニュースをご確認いただくことをおすすめします。バナナワニ園でのマナティたちの活躍に期待しましょう!また新たな情報が入り次第、お伝えしてまいります。ありがとうございました。
  • オーストラリア4泊5日の旅!大自然と都会を満喫する完璧モデルコース
    広大な大地に壮大な自然、世界屈指のビーチに現代的な都市。オーストラリアの魅力は尽きることがありません。 でも初めてのオーストラリア旅行となると、「4泊5日でどこまで回れる?」「気になる旅行の予算は?」など、わからないことがいっぱい。 そこでこの記事では、オーストラリア4泊5日のおすすめモデルコースを大公開!人気の観光都市シドニーと、世界遺産グレートバリアリーフのケアンズを巡る充実のプランをご提案します。 オーストラリア旅行に役立つ情報も満載なので、costs気になる予算や持ち物、ベストシーズンもしっかりおさえていきましょう。 さあ、期待と興奮に胸を躍らせて、オーストラリアの旅へ出発です! オーストラリア旅行の基本情報 項目 内容 おすすめ滞在日数 4泊6日〜7泊8日 ベストシーズン 3月〜5月、9月〜11月 平均的な予算 20万〜30万円 服装 季節に合わせた服装、日よけ対策 通貨 オーストラリアドル(AUD) 4泊5日で大満足の旅が可能 オーストラリアは日本から飛行機で7〜9時間。まとまった休みが取りづらい方にとって、「4泊5日で楽しめるの?」と不安になるかもしれません。 でも大丈夫。シドニーやケアンズ、メルボルンといった人気都市に限定すれば、4泊5日でも観光を存分に楽しめるんです。 もちろん、オーストラリアの魅力を余すことなく堪能するなら、4泊6日以上の滞在がおすすめ。エアーズロックやゴールドコーストなど、他の見どころにも足を伸ばせます。 とはいえ初めてのオーストラリアなら、欲張りすぎないのがポイント。「次に訪れる楽しみ」を残しつつ、その地域の魅力を満喫するのが賢明です。 今回は、シドニーとケアンズを巡る4泊5日モデルコースをご紹介。見どころをギュッと凝縮した、バランスの良い内容になっていますよ。 ベストシーズンはいつ? オーストラリアは季節が日本と真逆。12月〜2月は夏、6月〜8月は冬にあたります。 オーストラリア旅行のベストシーズンは、3月〜5月の秋と9月〜11月の春。シドニーの平均気温は20度前後、ケアンズは25度前後と過ごしやすい気候が続きます。 特に9月〜11月は乾季のシーズン。雨が少なく晴天の日が多いので、アウトドアを楽しむにはうってつけです。 一方、12月〜2月は真夏。気温が35度を超える日もあるので、熱中症対策は必須。6月〜8月は比較的涼しいものの、雨の確率が高まります。 とはいえオーストラリアは国土が広大なので、地域によって気候は大きく異なるのも特徴。旅行時期は目的地に合わせて決めるのがおすすめですよ。 気になる旅行の予算は? オーストラリア4泊5日の旅行にかかる費用は、平均して20万〜30万円ほど。 内訳は往復航空券が8万〜15万円、ホテル代が5万〜10万円、食事代や移動費、アクティビティ代で5万〜10万円が目安です。 ただし、これはあくまで平均的な金額。旅行スタイルによって大きく変動します。 たとえばLCCやホステル、電車やバスの利用など、節約のコツを取り入れれば15万円以下で済むことも。 逆にファーストクラス利用やリゾートホテル滞在、ツアーやアクティビティ三昧なら、50万円以上の出費になることも覚悟が必要です。 まずは自分の希望に沿った旅行プランを立て、早めに航空券とホテルを予約するのがおすすめ。予算オーバーを防ぐためにも、事前の計画は入念に行いましょう。 旅行に必要な持ち物をチェック オーストラリアは季節や地域によって気候が大きく変わるので、服装選びには注意が必要。 シドニーは比較的過ごしやすいものの、ケアンズは1年を通して気温が高め。リゾート地では「冬でも半袖」なんてことも珍しくありません。 服装は薄手の長袖シャツにジーンズ、羽織るものがあると安心です。夏であれば半袖と短パンにサンダルでOK。 また日差しが強烈なので、日よけ対策も忘れずに。帽子やサングラス、日焼け止めは必須アイテムです。 その他の持ち物としては、以下のようなものが必要です。 荷物はあまり多くならないよう、最小限に抑えるのがコツ。身軽に旅することで、オーストラリアをもっと自由に楽しめるはずです。 オーストラリア4泊5日モデルコース 1日目:シドニー到着 成田空港から直行便で8時間ほど。シドニー国際空港に到着したら、まずホテルにチェックインします。 シドニー市内までは、空港からバスやタクシー、電車を利用して約30分。早速、絶景スポット巡りをしていきましょう。 ハーバーブリッジ シドニーのシンボル的存在「ハーバーブリッジ」。全長1,149mのアーチ型の橋は、港をまたぐように立っています。 橋の上からは、シドニーの景色を一望できますよ。有料のブリッジクライミングツアーもあるので、スリル満点の体験を楽しみたい方はぜひチャレンジを。 オペラハウス 世界遺産にも登録されている「シドニー・オペラハウス」は外せません。あの独特な形をした屋根は、まるでヨットの帆のよう。 オペラ鑑賞はもちろん、ガイドツアーに参加すれば内部を見学することもできます。ぜひ近くで、その美しさを堪能してみてください。 ロックス シドニー湾のすぐそばにある「ロックス」は、石畳の歴史地区。19世紀の古い建物が立ち並び、どこか懐かしさを感じさせます。 土日にはマーケットが開かれ、賑わいを見せているのも特徴。散策しながらお土産選びを楽しむのもおすすめですよ。 2日目:シドニー市内観光 この日は、シドニーの見どころを効率よく回ります。観光バスを利用するのもおすすめです。 ダーリングハーバー 「ダーリングハーバー」は、シドニーっ子の人気スポット。海沿いには飲食店やショップが建ち並び、夜はライトアップされてロマンチックな雰囲気に。 シーライフシドニーアクアリウムやマダムタッソー、野外映画など、見どころもたくさんあります。ゆっくりと散策を楽しんでみてくださいね。 ボンダイビーチ 「ボンダイビーチ」は、シドニー屈指の人気ビーチ。白い砂浜に青い海、サーファーたちの姿は、オーストラリアのイメージそのもの。 遊泳エリアではシュノーケリングも楽しめます。タオルを敷いてのんびり過ごすのもおすすめですよ。 フェデレーション・クリフウォーク 「フェデレーション・クリフウォーク」は、ボンダイビーチとクージービーチを結ぶ遊歩道。絶壁に沿って続く細い道は、スリル満点の景色を楽しめます。 途中にあるワトソンベイでは、新鮮な魚介類を味わえるレストランがおすすめ。食事をしながら、海を眺めるのは格別ですよ。 3日目:ケアンズへ移動&グレートバリアリーフ シドニーからケアンズへ、国内線で約3時間。オーストラリア最大の世界自然遺産、グレートバリアリーフの玄関口へと向かいます。 グリーン島 ケアンズから高速艇で約45分の「グリーン島」は、サンゴ礁に囲まれた美しい島。エメラルドグリーンの海は、まるで宝石のよう。 シュノーケリングやグラスボートでの海中観察がおすすめ。色鮮やかなサンゴや熱帯魚との出会いは、きっと感動ものです。 アウターリーフ グレートバリアリーフの中でも、より沖合にある「アウターリーフ」にも足を延ばしてみては?ボートで約1時間半の場所にある、手付かずのサンゴ礁です。 ダイビングやシュノーケリングで、サンゴ礁の海中散歩を満喫。運が良ければ、ウミガメやマンタに会えるかも。 4日目:キュランダ観光 最終日は、ケアンズから西へ約25kmの「キュランダ」を観光。熱帯雨林の中にある小さな村は、大自然を満喫できる穴場スポットです。 キュランダ鉄道 「キュランダ鉄道」は、標高327mのキュランダ高原へと続く観光列車。約2時間の旅の途中では、大自然が生み出した渓谷や滝を眺めることができます。 ゆったりと揺られながら、ガイドの解説を聞くのもおすすめ。オーストラリアの歴史を学ぶ良い機会になりますよ。 キュランダ・エコパーク キュランダ高原には、動物と触れ合える「キュランダ・エコパーク」があります。コアラ、カンガルー、ワラビーなど、オーストラリアならではの動物たちがお出迎え。 ふれあいコーナーでは、動物たちにエサをあげることもできるんです。ぜひ野生動物との距離を縮めてみてはいかがでしょうか。 帰りのフライトまでには時間があるなら、ケアンズの名産品を買い求めるのもおすすめ。マカデミアナッツやマンゴー、オパールなどがお土産の定番ですよ。 5日目:ケアンズから帰国 いよいよオーストラリア4泊5日の旅もフィナーレ。最終日の朝は、ゆっくりとホテルで過ごしましょう。 チェックアウト後、空港までは車で約30分。帰りの飛行機では、オーストラリアでの思い出を振り返りつつ、ゆったりと過ごしてくださいね。 番外編:5泊6日のおすすめプラン 「どうせならもう1泊したい!」という欲張りな方には、5泊6日のプランもおすすめです。 シドニーとケアンズに加えて、エアーズロックへも足を延ばせば、よりディープなオーストラリアが満喫できますよ。 3日目:エアーズロック観光 シドニーからエアーズロックへは、飛行機で約3時間。世界遺産「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」にそびえる、大自然の驚異を体感します。 エアーズロック(ウルル) 「エアーズロック」は、高さ348mの一枚岩。先住民アボリジニの聖地として知られ、夕日に染まるその姿は神秘的です。 ロックの周りを一周する ハイキングツアーに参加するのがおすすめ。岩肌の色の変化を眺めながら、雄大な自然を体感できますよ。 カタ・ジュタ(オルガ渓谷) エアーズロックから約25kmの場所にある「カタ・ジュタ」は、赤茶けた巨大な岩が連なる絶景スポット。標高は最大で546mにも及びます。 渓谷の中を歩くハイキングコースでは、太古の昔を思わせる景色が広がります。探検気分を味わえること間違いなしですよ。 4日目:ケアンズへ移動&グレートバリアリーフ エアーズロックからケアンズへは、飛行機で約2時間。4日目以降は、先述の4泊5日プランと同様です。 といった見どころを、存分に楽しんでくださいね。 6日目:ケアンズから帰国 5泊6日の旅の最終日。ケアンズの町をのんびり散策したら、お土産選びにも時間を使えそうです。 オーストラリアの雄大な自然を堪能できた6日間。機内ではゆっくりと休息を取りつつ、忘れられない思い出を胸に帰路につきましょう。 まとめ オーストラリア4泊5日の旅、いかがでしたか?短い期間でもシドニーとケアンズの魅力を余すことなく満喫できる、充実のモデルコースをご紹介しました。 見どころ満載の2大都市を巡るだけでなく、世界遺産グレートバリアリーフでの海中探検など、自然を全身で体感できるのがオーストラリア旅行の魅力。ワイルドライフとのふれあいも、きっと新鮮な驚きに満ちているはず。 旅の予算は約20万〜30万円、ベストシーズンは3月〜5月と9月〜11月が狙い目。英語があまり得意でない方でも、ツアーに参加すれば安心して楽しめますよ。 […]
  • グアム2泊3日の旅!お手軽リゾートを120%満喫する女子旅プラン
    日本から最も近い海外リゾート、グアム。豊かな自然とマリンアクティビティ、グルメにショッピングと、魅力がぎゅっと詰まった常夏の楽園です。 でもグアム旅行を計画するとなると、「2泊3日だと観光もできるの?」「予算はどれくらい必要?」など、わからないことがたくさん。 そこでこの記事では、グアム2泊3日の女子旅モデルコースをご提案!短い滞在でもグアムを存分に堪能できる、充実のプランをお届けします。 初心者の方にもおすすめの内容なので、旅の予算や持ち物、注意点もしっかりおさえていきましょう。さあ、ワクワクのグアム旅行へ出発です! グアム旅行の基本情報 項目 内容 飛行時間 成田・関空から約4時間 時差 -1時間 ベストシーズン 11月〜5月 服装 夏服、水着、日よけ対策 通貨 米ドル(USD) 2泊3日でも大丈夫? 「2泊3日だとグアムを楽しむのはきついんじゃないの?」と不安に感じる方もいるかもしれません。でも大丈夫。 グアムは飛行時間が短く、時差もほとんどないのが魅力。日本を朝出発すれば、お昼前にはグアムに到着します。帰りも夕方発なら、最終日まで満喫できるんです。 つまり実質丸々2日間、グアムを遊び尽くせるということ。ビーチでのんびりしたり、人気スポットを巡ったり、ショッピングを楽しんだり。欲張りに過ごせるのが2泊3日の醍醐味ですよ。 もちろん3泊4日以上の日程なら、もっとゆったりと過ごせるのも事実。でも休みが取れないという方でも、2泊3日のプランなら無理なく参加できるのがポイントです。 ベストシーズンはいつ? グアムは年中暖かいので、基本的にはいつ行ってもOK。でも1年の中でも、特におすすめの時期があります。 グアム旅行のベストシーズンは、11月〜5月。乾季のこの時期は、気温が25度前後と過ごしやすく、雨の日も少ないのが特徴です。 一方、6月〜10月は雨季。スコールのような激しい雨に見舞われることも。屋外のアクティビティが制限されるので、旅行には向きません。 とはいえ雨季でも、雨が降るのは1日のうち数時間程度。晴れ間も多いので、タイミングが合えば問題なく楽しめますよ。オフシーズンのメリットとして、ホテルや航空券の料金が割安になるのも魅力です。 2泊3日の予算はどれくらい? 気になるグアム旅行の費用。2泊3日の場合、1人あたり平均して10万〜15万円ほどが目安です。 内訳は、往復航空券が4万〜7万円、ホテル代が2万〜4万円、食事代やアクティビティ費で2万〜4万円が相場。為替レートや旅行時期によって前後しますが、これくらいの予算感覚を持っておくと安心ですね。 ただし、リゾートホテルに泊まってアクティビティ三昧、といった旅なら20万円以上の出費も。逆に節約を心がければ、7万円程度に抑えることも可能です。 格安ツアーの利用がおすすめ。GWシーズンは料金が高騰しますが、それ以外の時期なら、かなりリーズナブルな値段で手配できるんです。 服装は夏物でOK 常夏の島グアムでは、年中夏服で過ごせます。火照る日差しは、東京の真夏よりも強烈。日中のビーチは、日傘や帽子なしでは歩けないほどです。 旅行の際は、以下のようなアイテムを持参しましょう。 基本的には、夏のレジャーに着ていく服装と同じですね。ビーチではラフな恰好でOKですが、ホテルのレストランに入る際は、カジュアルな服装が求められます。 また、日中は歩きやすい靴を履いて観光し、夜はおしゃれしてディナーへ、といった具合に、TPOに合わせた服選びを心がけるのがおすすめです。 2泊3日モデルコース それでは、グアム2泊3日の女子旅モデルコースをご紹介します。定番のビーチから、人気の観光スポットまで、盛りだくさんの内容になっていますよ。 1日目:到着〜ビーチ満喫 タモン地区の中心部に滞在 グアムに到着したら、まずはホテルへチェックイン。おすすめは、タモン地区の中心部にあるリゾートホテルです。 ビーチへのアクセスが良く、買い物やグルメを楽しむのにも便利なロケーション。有名なのは「ヒルトングアムリゾート&スパ」や「ハイアットリージェンシーグアム」などです。 ちなみに、ホテルのプールやビーチを利用できるのは、15時のチェックイン以降。そのため到着日は、外のビーチで海を満喫するのがおすすめですよ。 タモンビーチでマリンアクティビティ まずは、グアム随一の人気ビーチ「タモンビーチ」へ。白砂のビーチが2kmほど続く、絵葉書のような光景が広がります。 シュノーケリングやバナナボート、パラセーリングなど、マリンアクティビティが充実しているのも魅力。初心者でも気軽に体験できるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。 アウトリガーでランチ お昼は、ビーチ沿いのレストラン「アウトリガー」がおすすめ。グアム名物の「レッドライス」や「ケラグエン」など、ローカルグルメが味わえます。 テラス席では、目の前に広がる海を眺めながら、ゆったりとした時間が過ごせますよ。 2日目:人気スポット巡り 朝食はシーグリルで 2日目の朝は、ホテル内のレストラン「シーグリル」で朝食を。新鮮なフルーツたっぷりのメニューは、1日の活力になること間違いなし。 オムレツやパンケーキなどの卵料理も人気。優雅なホテルの朝食は、旅の楽しみの1つですよね。 ライス・ショッピングセンターでおみやげ探し 午前中は、「ライス・ショッピングセンター」でお買い物がおすすめ。グアム最大級の免税店が集まる、いわばショッピングの聖地です。 ブランド品からコスメ、お土産まで何でも揃うので、旅の思い出にぴったりのアイテムを見つけてみては? イパオビーチでサンセット鑑賞 夕方は、西海岸に位置する「イパオビーチ」へ。グアム屈指の夕日スポットとして知られ、日没前になると多くの人が訪れます。 水平線に沈む夕日を眺めながら、砂浜を散歩するのもおすすめ。ロマンチックな雰囲気は、女子旅の醍醐味ですよ。 ディナーはプロア 夜は、グアムの高級レストラン「プロア」でディナーを。地元の食材をふんだんに使った創作料理は、まさに絶品です。 中でもイチオシは、グアム産の食材のみを使った「グアムテイスティングメニュー」。ドレスコードはスマートカジュアルなので、少しおしゃれして出かけましょう。 3日目:最後の思い出作り ゴルフでアクティブに 最終日の午前中は、「レオパレスリゾートカントリークラブ」でゴルフ体験なんていかがでしょう。グアムには、美しいオーシャンビューのコースがたくさんあります。 初心者の方もレンタルクラブを借りれば大丈夫。プロによるレッスン付きのプランなら、より本格的に楽しめますよ。 ランチはジェフズ パイレーツ コーブで お昼は、「ジェフズ パイレーツ コーブ」でBBQランチを。プライベートビーチを見下ろす、絶好のロケーションが自慢です。 オーダー式のビュッフェスタイルで、グアムの代表的な料理が味わえます。海を眺めながらのバーベキューは、最高の思い出になるはず。 ショッピングモールでラストショッピング 帰りの飛行機までには、まだ少し時間があるはず。最後にもう一度、ショッピングモールに立ち寄ってみましょう。 「ミクロネシアモール」や「Kマート」など、お土産選びにぴったりのスポットがたくさん。免税手続きを済ませるのもお忘れなく。 それでは、空港へ向かう時間です。帰りの飛行機では、グアムでの思い出に浸りつつ、ゆっくりとおやすみください。 グアム旅行の注意点 せっかくのグアム旅行。後悔のないよう、事前に知っておきたい注意点をおさえておきましょう。 日焼け対策は必須 常夏のグアムでは、1年中強い日差しが降り注ぎます。日本の夏以上に日焼けしやすいので、肌の露出は最小限に抑えるのが賢明。 特に昼間のビーチは、日傘や帽子、サンスクリーンなしでは歩けないほど。こまめに日焼け止めを塗り直して、肌を守るよう心がけましょう。 日傘は現地で購入するのもアリですが、荷物の心配なら日本から持参するのがおすすめ。折りたたみ傘なら、カバンに入れて持ち歩けて便利ですよ。 水着は2着以上用意 グアムに行くなら、水着は2着以上用意するのが鉄則。1日中ビーチで過ごすなら、濡れた水着を着替えないと風邪をひく恐れがあります。 また、ホテルのプールと海で使い分けたり、ビーチに行かない日はリゾートファッションを楽しんだり。水着を替えるだけで、旅の楽しみ方の幅が広がりますよ。 デザインやカラーが豊富なグアムならではの水着も、おみやげとして人気。お気に入りを見つけるのも旅の醍醐味です。 スリや置き引きには注意 グアムは治安の良い国として知られていますが、観光地である以上、ゼロとは言えません。特に人混みでのスリや置き引きには十分に注意しましょう。 貴重品はできるだけ部屋に置いていくか、貴重品ロッカーを利用するのが安心。ビーチではバッグから目を離さないようにするのも大切です。 また、夜遅くの一人歩きは避けるのがベター。万が一のトラブルに巻き込まれないよう、できるだけ明るいうちにホテルに戻るようにしましょう。 グアムでしたい体験 せっかくグアムに来たなら、ユニークなアクティビティにも挑戦してみては?リゾート気分が盛り上がるおすすめの体験をピックアップしてみました。 ビーチでヨガ 波の音を聞きながらのビーチヨガは、最高のリラックスタイム。タモンビーチの砂浜では、朝夕に無料のヨガ クラスが開催されているんです。 初心者の方も大歓迎。爽やかな海風を感じながら、心も体もリフレッシュできること間違いなしですよ。 ヨガ専用のウェアは必要ありません。動きやすい服装で、タオルと水分を持って参加しましょう。 イルカとシュノーケリング グアム南部の海では、野生のイルカと一緒にシュノーケリングができるんです。早朝の海に船で出発し、イルカたちと泳ぐ感動体験。 シュノーケリングに加えて、イルカについてのレクチャーも受けられるのが魅力。英語での説明なので、リスニング力に自信のない方は、事前に単語の意味を調べておくのもおすすめです。 イルカは野生のため必ず会えるわけではありませんが、遭遇できた時の感動は一生の思い出に。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。 チャモロ ディナー ショー グアムの伝統文化に触れるなら、「チャモロ ディナー ショー」がおすすめ。チャモロとは、グアムの先住民族のこと。 ショーでは、チャモロの伝統舞踊や音楽を鑑賞しながら、ローカル料理を堪能できます。迫力満点のファイヤーダンスは必見ですよ。 […]
  • イタリア5泊7日の旅!芸術と美食の国を完全制覇するモデルコース
    憧れのイタリア旅行を計画中なら、まずは日程から考えてみませんか?定番のローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアを巡るなら、5泊7日がおすすめの滞在日数です。 でも初めてのイタリア旅行だと、「どんな順番で回るのがベスト?」「費用はどれくらいかかる?」など、わからないことがいっぱい。 そこでこの記事では、イタリア5泊7日のモデルコースを大公開!見どころを効率よく巡る充実のプランをご提案します。 お得な旅行の時期や服装、注意点もしっかりおさえているので、初心者の方も安心。ぜひ参考にして、ワクワクのイタリア旅行を実現させてくださいね! イタリア旅行の基本情報 項目 内容 ベストシーズン 4月〜6月、9月〜10月 平均的な予算 20万〜30万円 チップの目安 食事代の10〜15% 通貨 ユーロ(EUR) 服装 夏は半袖、冬は上着が必要 ベストシーズンは春か秋! イタリア旅行のベストシーズンは、4月〜6月の春と9月〜10月の秋。気候が穏やかで過ごしやすく、観光には最適の時期です。 7月〜8月の夏は気温が高く、観光客も多いので避けたほうが無難。12月〜2月の冬は寒さが厳しく、雨の日も多いのがネックですね。 とはいえ夏でも、早朝や夕方を狙えば比較的快適に観光できます。また冬のイタリアは、クリスマスマーケットなど独特の楽しみ方があるのも魅力。 それぞれの季節の特徴をつかんで、自分に合ったベストな旅行時期を見つけてみてくださいね。 予算の目安は? 気になるイタリア旅行の予算。5泊7日の日程なら、1人あたり平均で20万〜30万円ほどみておくのがおすすめです。 内訳は、往復航空券が8万〜12万円、ホテル代が6万〜10万円、食事代や交通費、アクティビティ代で6万〜8万円が目安。為替レートや旅行時期によって多少の変動はありますが、これくらいの予算感覚を持っておくと安心ですよ。 もちろん旅のスタイルによって、費用は大きく変わります。 たとえば航空券をエコノミークラスにしたり、シェアルームに泊まったり、電車やバスを使って移動したり。節約のコツを意識すれば、15万円以下で周ることも不可能ではありません。 逆にビジネスクラスやラグジュアリーホテルを選べば、50万円以上の予算が必要に。でも特別な思い出を作るなら、奮発する価値は十分にあるはず。 まずは自分なりの旅行プランを立てて、目安となる予算を算出してみてくださいね。 旅先でのマナーとして心得たいチップ事情 イタリア旅行の基本マナーとして押さえておきたいのが、「チップの習慣」。ツアーガイドやホテルのスタッフ、レストランでのサービスに対して、感謝の気持ちを添える行為です。 レストランでは、勘定の10〜15%ほど。エレベーターがあるホテルでは、荷物1個につき1〜2ユーロが目安です。 ただしチップは義務ではなく、サービスに満足できなかった場合は控えめでOK。必要以上に払う必要はありませんよ。 また請求書にサービス料が含まれている場合は、チップは不要。会計時にしっかりと明細を確認しておきましょう。 イタリア5泊7日モデルコース それではいよいよ、イタリア5泊7日の旅をスタート。定番スポットを中心に、盛りだくさんの内容をご紹介していきます。 1日目:ローマ到着 イタリアの玄関口、ローマ・フィウミチーノ空港に到着。空港から市内中心部までは、レオナルド・エクスプレスという直通電車が便利です。 ローマ・テルミニ駅で下車したら、地下鉄やバスを乗り継いでホテルへ。チェックインを済ませたら、さっそく街歩きに出発しましょう。 コロッセオ まずは、ローマを象徴する「コロッセオ」へ。古代ローマ時代の巨大闘技場の遺跡は、その壮大なスケールに圧倒されること間違いなし。 コロッセオには長蛇の列ができるので、事前にオンラインでチケットを購入しておくのがおすすめです。 ロマン広場とスペイン広場 夕方は「ロマン広場」から「スペイン広場」へ。どちらもローマを代表する人気スポットで、街のシンボル的な存在です。 途中、名物ジェラートを食べ歩きしつつ、ローマの街並みを満喫。日が落ちるとライトアップされて、また違った表情を見せてくれますよ。 2日目:バチカン市国観光 ローマ2日目は、独立国家であるバチカン市国へ。世界最小の国は、見どころ満載の宝庫なんです。 サン・ピエトロ大聖堂 バチカンの中心的存在「サン・ピエトロ大聖堂」は、世界最大のキリスト教会。荘厳な祭壇や美しいドームは、いつまでも見惚れてしまいそう。 大聖堂の屋上にも上れるので、頂上からバチカンの街を一望してみては? バチカン美術館 美術ファンなら外せないのが「バチカン美術館」。8kmにも及ぶ回廊には、ボッティチェリやミケランジェロの名作がずらり。 中でも「システィーナ礼拝堂」の天井画は必見中の必見。圧倒的な美の世界に、息をのむこと間違いなしです。 3日目:フィレンツェへ移動 3日目は、イタリア新幹線に乗ってフィレンツェへ。ローマからわずか1時間半ほどで到着します。 ウフィツィ美術館 フィレンツェを代表する「ウフィツィ美術館」は、ルネサンス期の名作が集う世界屈指の美術館。ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」など、一度は見たい傑作がたくさん。 チケットの事前予約は必須です。当日購入は混雑必至なので、オンラインでの事前購入がおすすめですよ。 ドゥオモ フィレンツェのシンボル「ドゥオモ」は、世界遺産にも登録されているゴシック様式の大聖堂。外観だけでなく内部も必見です。 隣接するジョットの鐘楼に登れば、フィレンツェの街を一望できる絶景が待っていますよ。 4日目:ピサの斜塔とチンクエ・テッレ フィレンツェ滞在2日目は、ピサの斜塔とチンクエ・テッレへ日帰りトリップ。 ピサの斜塔 「ピサの斜塔」は、その名の通り傾いていることで有名な塔。写真を撮るなら、斜塔を支えるポーズがお約束です。 塔のそばには大聖堂などもあるので、併せて見学してみてはいかがでしょうか。 チンクエ・テッレ リグーリア州の美しい海岸沿いにある「チンクエ・テッレ」は、5つの村からなる世界遺産。カラフルな建物と美しい海のコントラストは、まさに絶景です。 村と村を結ぶハイキングコースを歩くのもおすすめ。途中、レモンやオリーブ畑に出会えたら、イタリアを感じられること間違いなし。 5日目:ヴェネツィアへ移動 5日目はイタリア新幹線でヴェネツィアへ。「水の都」と称される美しい街並みが広がります。 サン・マルコ広場 ヴェネツィアの中心「サン・マルコ広場」は、鳩が飛び交うロマンティックなスポット。東側には「サン・マルコ寺院」が、南側には「ドゥカーレ宮殿」が建ち並びます。 広場のカフェでのんびりと過ごすのもおすすめ。名物のベッリーニを片手に、ヴェネツィアの風を感じてみては? ゴンドラ クルーズ ヴェネツィアの運河を小舟「ゴンドラ」で巡るのは、イタリア旅行の醍醐味。ゴンドリエーレ(船頭)の歌声を聞きながら、優雅なひとときが過ごせますよ。 30分ほどのコースから選べるので、体力や予算に合わせて参加してみてくださいね。 6日目:ヴェネツィア散策 最終日は、ヴェネツィアの街をのんびり散策。迷路のような路地を歩いているだけで、新しい発見がたくさんあるはずです。 ため息橋 「ため息橋」は、囚人が処刑される際に渡ったといわれる橋。美しいアーチ型が特徴的で、観光客に人気のスポットです。 近くの「ため息橋マーケット」では、ヴェネツィアングラスなどのお土産選びにもぴったり。 リアルト橋 「リアルト橋」は、ヴェネツィアで最も古い橋。大運河に架かるその姿は、ヴェネツィアのランドマーク的存在です。 橋の上からは、行き交うゴンドラや水上バスの風景を一望できますよ。 夕方にはヴェネツィアを出発し、ローマへ。最後の夜はローマの名物料理に舌鼓を打ちながら、思い出に浸るのもおすすめです。 7日目:ローマから帰国 いよいよイタリア旅行も終わり。最終日はローマ市内でお土産選びなどをして、帰りの飛行機に備えましょう。 空港までは、レオナルド・エクスプレスがおすすめ。わずか30分ほどで到着するので、時間に余裕を持って向かうことができますよ。 機内ではゆっくりと過ごしつつ、これまでの旅を振り返ってみては?きっと忘れられない思い出がたくさんできたはず。 イタリア旅行を100倍楽しむコツ イタリアをとことん満喫したいなら、おすすめの体験もチェックしておきたいもの。ここではロー マ、フィレンツェ、ヴェネツィアでしたいユニークな体験をご紹介します。 ローマ:真夜中のコロッセオ見学 通常は入れない、コロッセオの地下を特別に見学できる深夜ツアー。古代ローマ時代の雰囲気をより深く味わえる貴重な体験ができますよ。 ガイドの解説を聞きながら、闘技場跡を探索。歴史ロマンに浸れること間違いなしです。 フィレンツェ:トスカーナの郊外ツアー フィレンツェから少し足を伸ばせば、美しい田園風景が広がるトスカーナ地方が。見渡す限りのブドウ畑とオリーブ畑は、まるで絵画のようです。 ワイナリーを訪ねたり、中世の面影を残す村を散策したり。ゆったりとした時間を過ごせるでしょう。 ヴェネツィア:仮面づくり体験 ヴェネツィアの名物といえば「仮面」。毎年2月に開催される仮面舞踏会には、世界中から人が集まります。 旅の思い出に、自分だけのオリジナル仮面を作ってみては?職人のアトリエで、伝統的な技法を学べる体験プログラムがおすすめですよ。 他にも、ゴンドラ職人の仕事場を見学したり、ガラス工房でグラスづくりを体験したり。ヴェネツィアならではのアクティビティは盛りだくさんです。 まとめ 芸術と歴史、美食の国イタリア。5泊7日あれば、見どころをコンパクトに巡ることができるのが魅力です。 定番のローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアを中心に、エッセンスをぎゅっと凝縮したモデルコースをご紹介しました。名所巡りだけでなく、ちょっと変わった体験もプラスすれば、より思い出深い旅になるはず。 ベストシーズンは春か秋、予算の目安は20万〜30万円ほど。でも旅のスタイル次第では、もっとリーズナブルに楽しむことだって可能ですよ。 大切なのは、自分なりの楽しみ方を見つけること。ゆったりと過ごすも良し、欲張りに満喫するも良し。イタリアの魅力を心行くまで堪能してくださいね。 番外編:3泊4日のイタリア弾丸ツアー […]
  • ベトナム3泊4日の旅!ホーチミン&ダナンを遺産と絶景で堪能する完全プラン
    神秘的な世界遺産から、エメラルドグリーンの海まで。ベトナムの魅力は尽きることがありません。でも「たった3泊4日でベトナムを満喫できるの?」「どんなプランがおすすめ?」と不安に思う方も多いはず。 そこでこの記事では、ベトナム3泊4日のモデルコースを大公開!定番の観光都市ホーチミンと、絶景リゾートのダナンを巡る充実のプランをご提案します。 女子旅にもおすすめの内容なので、気になる予算や持ち物、注意点もしっかりおさえていきましょう。さぁ、ワクワクのベトナム旅行へ出発です! ベトナム旅行の基本情報 項目 内容 ベストシーズン 11月〜4月 平均的な予算 8万〜12万円 チップの目安 宿泊代の5〜10% 通貨 ベトナムドン(VND) 服装 薄手の長袖、日よけ対策 ベストシーズンは避けて旅するのがお得に ベトナム旅行のベストシーズンは、11月〜4月の乾季。特に12月〜2月は気温が低めで過ごしやすく、観光に最適の時期と言えます。 ただしこの時期は「ハイシーズン」のため、ホテルや航空券の料金が跳ね上がるのが玉にキズ。旅行代金を抑えたいなら、「オフシーズン」の雨季に行くのもおすすめです。 5月〜10月の雨季は、スコールが頻繁に発生します。でも実は雨の合間には晴れ間も多く、1日中雨に降られるというケースは少ないんです。 しかもこの時期は、ホテルや航空券が最安値になることも。旅行代金を3割ほど抑えられることもあるので、予算重視の方にはうってつけですよ。 3泊4日だとどれくらいの予算が必要? 肝心の旅行予算、ベトナム3泊4日の場合は1人あたり8万〜12万円ほどみておけばOK。 内訳は、往復航空券が4万〜6万円、ホテル代が2万〜3万円、食事代や移動費、アクティビティ代で2万〜3万円といったところでしょうか。 ただし、これはあくまで平均的な金額。旅のスタイルによって大きく変動します。 たとえば格安航空会社(LCC)を利用したり、ゲストハウスに泊まったり、移動はバスを使ったり。工夫次第では、もっとリーズナブルに旅することもできるんです。 逆に、ちょっと贅沢に過ごしたい!という方は、15万円以上の予算を用意しておくのが無難。4つ星以上のホテルに泊まったり、ガイド付きのツアーに参加したりと、ワンランク上の旅が叶いますよ。 公共交通機関の移動はチケットを事前に ベトナムの街中を動き回る際は、公共交通機関を上手に活用したいもの。バスや電車など選択肢は多岐にわたりますが、観光客にイチオシなのが「Grab」です。 Grabはライドシェアサービスの一種で、スマホのアプリから行き先と料金を確認してから利用できるのが便利。しかも現地のタクシーよりも割安なので、財布にもやさしいんです。 ただし公共交通機関は混雑しているのが常。チケットを事前に購入しておかないと、乗り遅れる可能性もあります。 そこで役立つのが、「12GoAsia」などのオンラインチケット予約サイト。事前にスマホやパソコンからチケットを買っておけば、当日の移動がスムーズに運びますよ。 ベトナム3泊4日モデルコース 1日目:ホーチミンの見どころを制覇 ベトナム南部最大の都市、ホーチミンに到着。まずは市内の見どころをめぐって、この国の魅力に触れていきましょう。 統一会堂 かつて大統領官邸だった「統一会堂」は、ベトナム戦争終結の舞台として知られる歴史的建造物。迫力あるファサードは、記念撮影にもぴったりです。 中央郵便局 ゴシック様式の外観が美しい「中央郵便局」。今でも現役の郵便局として利用されているので、旅の思い出にポストカードを送ってみるのも粋ですね。 ベンタイン市場 東南アジア最大級の「ベンタイン市場」は、まさにローカルの台所。新鮮な果物や野菜、豊富なスパイスなど、食材から衣料品、土産物まで何でも揃います。 明け方から賑わう活気ある雰囲気を、ぜひ体感してみてください。 観光の合間のランチは、ホーチミンの名店「フォーハウス」で。ベトナムの国民食「フォー」を味わえば、旅の疲れも吹き飛ぶはず。 2日目:メコン川クルーズとナイトマーケット ホーチミン2日目は、「メコンデルタ」へ足を延ばします。メコン川の魅力をたっぷり味わえるクルーズツアーがおすすめですよ。 メコン川クルーズ ホーチミンから南西へ車で約2時間。雄大なメコン川の風景を眺めながら、のんびりとクルーズを楽しみましょう。 途中、ヤシの実を加工する工房や、ココナッツキャンディー作りの体験など、メコンデルタならではのアクティビティにも参加できるんです。 船上ではベトナムの伝統音楽演奏付き。流れるような音色に身を委ねれば、日常を忘れてリラックスできること間違いなしです。 ベンタイン・ナイトマーケット クルーズから戻ったら、夜のホーチミンを満喫。迷宮のようなベンタイン・ナイトマーケットをぶらぶら歩くのも楽しいですよ。 各ブースで売られる雑貨やアクセサリー、Tシャツなどを眺めつつ、屋台グルメを食べ歩き。ローカル感満載の時間を過ごせます。 疲れたら足裏マッサージでリフレッシュするのもアリ。1時間500円ほどの価格で、至福のひとときを味わえちゃいます。 3日目:ダナンへ移動&五行山トレッキング いよいよダナンへ出発。ホーチミンを飛行機で約1時間半、リゾートの楽園が待っています。 ダナンの絶景ビーチ「ミーケービーチ」 ダナン空港からホテルにチェックイン後、まずは「ミーケービーチ」へ直行。白砂のビーチが延々と続く美しい海岸線は、まさに絶景そのもの。 旅の疲れを癒やしてくれるはずです。 五行山トレッキング 午後は、世界遺産にも登録されている「五行山」をトレッキング。奥深い自然と、信仰の対象となってきた神聖な雰囲気を体感できますよ。 中でもおすすめは「天国の門」と呼ばれる石畳の道。頂上に立てば、ダナン市内を一望する大パノラマが待っています。 夕食は、五行山のふもとにある人気レストラン「ラ・メゾン」で。フレンチとベトナム料理のコラボレーションに舌鼓を打ちながら、充実の1日を振り返りましょう。 4日目:ホイアン観光&帰国 最終日は、世界遺産の街「ホイアン」へ小旅行。ダナンから車で約30分ほどの距離なので、帰りの飛行機までにさくっと観光できちゃいます。 ホイアンの古い町並み 小京都とも称されるホイアン。その最大の魅力は、なんといっても歴史を感じる古い町並み。 特に有名なのが「日本橋」です。江戸時代の建築様式で造られたこの橋は、まるでタイムスリップしたかのようなノスタルジーを誘います。 ランタン作り体験 ホイアンといえばランタン。色鮮やかなランタンが川沿いに並ぶ光景は、まるで絵本の世界のよう。 旅の思い出に、ランタン作り体験にチャレンジしてみては?現地の職人さんが優しく教えてくれるので、初心者でも安心ですよ。 ホイアンを堪能した後は、ダナン空港へ移動。帰りの飛行機に乗って、名残惜しいベトナムにサヨナラです。 ベトナム旅行の注意点 観光地では盗難に注意 ベトナムの治安は、東南アジアの中ではかなり良好。でも観光地などの人混みでは、やはり盗難のリスクは高まります。 スリや置き引きには細心の注意が必要。貴重品はホテルの金庫に預けるなどして、身軽に行動するのがおすすめですよ。 万が一盗難に遭っても、クレジットカードの不正利用防止のためにも、すぐに日本の発行会社に連絡しましょう。 飲食では衛生面に気をつける ベトナムグルメは、どれも絶品ぞろい。屋台の料理も、味は折り紙つきです。 でも衛生管理の行き届いていない店も多く、特に生野菜やカットフルーツなどは食中毒のリスクが高め。口に入れる際は、よく火が通っているかどうかを確認しましょう。 また、水道水を避けるのはもちろん、氷の入った飲み物にも要注意。ミネラルウォーターを飲むのが一番安全ですよ。 日差し対策を怠らない ベトナムは一年中日差しが強烈。特に雨季の晴れ間は、日差しが容赦なく降り注ぎます。 長袖シャツや日よけ帽子、サンスクリーンなどで、しっかりと紫外線対策を。グラサンもあると便利ですよ。 また熱中症にも気をつけたいところ。屋外を歩く際は、こまめな水分補給を心がけましょう。 ベトナムでしたい体験 現地の市場でお買い物 ベンタイン市場での買い物は、ベトナム旅行の醍醐味の1つ。地元の人で賑わう市場の熱気は、まさに圧巻です。 雑貨やアクセサリー、アオザイなどの民族衣装まで、お土産選びにはもってこい。値段交渉も、旅の楽しみの1つですよ。 ただしあまり執拗に値切るのはNGです。笑顔で粘り強く交渉しつつ、適度なところで妥協する姿勢が大切。 絶景の秘境「ゴールデンブリッジ」へ ダナンから約30分の「バナヒルズ」にある「ゴールデンブリッジ」は、まさに一見の価値あり。巨大な手で支えられたブリッジは、SNS映えすること間違いなしですよ。 空中散歩を楽しんだ後は、敷地内のテーマパーク「サンワールド・バーナーヒルズ」でアトラクションを満喫。非日常的な1日を過ごせるはずです。 行き方は、ダナン市内から直通バスが出ているのでアクセス良好。ただしバスは混雑必至なので、早めに予約するのがおすすめですよ。 絶品グルメをリーズナブルに ベトナムの魅力は、何といってもグルメの安さ。日本の感覚だと信じられないほどの価格で、本格的な料理が味わえちゃいます。 定番の「フォー」はもちろん、海鮮料理や「 バインミー」と呼ばれるサンドイッチなども要チェック。屋台や食堂で気軽に注文してみては? 中でもイチオシなのが、ホーチミンの「フォー・クイン」。1杯40,000VND(約200円)ほどで、本場の味を堪能できちゃいます。 濃厚なスープとモチモチの麺が絶妙にマッチした、クセになる美味しさですよ。 最高のリラクゼーションを アクティブに観光した後は、最高のリラクゼーションタイムを過ごすのも旅の醍醐味。ベトナムには、極上のスパやマッサージ店がたくさんあるんです。 特におすすめなのが、ホイアンの「カラフルスパ」。最新設備が整う店内で、本格的なトリートメントを受けられますよ。 オイルマッサージは60分で約1,500円ほど。日本の感覚だとかなりリーズナブルな価格設定なので、ついつい長時間のコースを予約したくなっちゃいます。 番外編:ハノイの魅力もお見逃しなく せっかくベトナムに来たなら、首都ハノイにも足を運んでみたいもの。ホーチミンとはまた違った、趣のある街並みが魅力的なんです。 中でも外せないのが、ハノイ旧市街の「ホアンキエム湖」周辺。赤い橋が印象的な景勝地で、散策にはもってこいのスポットですよ。 旧市街にはカラフルな雑貨店も点在。ベトナムらしいお土産を探すのも楽しそうです。 グルメでは、「ブンチャー」と呼ばれる麺料理がおすすめ。ハノイが発祥の地とされるこの一品は、豚肉の甘辛炒めとライスヌードルの絶妙コンビネーションが◎。 名店「ブンチャー・ハノイ」なら、1杯40,000VND(約200円)ほどで食べられますよ。 時間に余裕があれば、ハノイの観光もぜひ検討してみてくださいね。 […]
  • タイ2泊3日の旅!弾丸トラベラーのための最強モデルコース
    タイは日本人に人気の海外旅行先。バンコクの寺院巡りやナイトマーケット、アユタヤの遺跡観光など、見どころはたくさんあります。 でも仕事や予算の都合で、なかなか長期休暇が取れないという方も多いはず。そんな時は、思い切って2泊3日の弾丸トラベルに挑戦してみては? そこでこの記事では、タイ2泊3日の最強モデルコースをご提案!短い滞在でも、バンコクの魅力をぎゅっと凝縮して楽しむプランをご紹介します。 女子旅やひとり旅にもおすすめの内容なので、ぜひ参考にしてくださいね。旅の予算や注意点なども併せてチェック。あなたの素敵な旅のヒントになれば幸いです。 それでは、タイ2泊3日の弾丸ツアーへ、さぁ出発! タイ旅行の基本情報 項目 内容 最低限の滞在日数 2泊3日 ベストシーズン 11月〜2月 目安となる予算 5万〜10万円 服装 夏物、日よけ対策グッズ 通貨 タイバーツ(1バーツ≒約3.5円) 弾丸なら2泊3日がギリギリライン 一口にタイ旅行と言っても、楽しみ方は十人十色。でもせっかくタイまで行くなら、できるだけ多くの見どころを押さえたいですよね。 とはいえ、あまりに駆け足な旅では、現地の雰囲気を味わえないのが正直なところ。観光もグルメも、ゆとりを持って体験したいもの。 そんなジレンマを抱える方におすすめなのが、2泊3日の弾丸ツアー。この日数なら、バンコクの主要スポットをコンパクトに巡ることができるんです。 もちろん、2泊3日では物足りないのも事実。3泊4日以上あればもっと充実した旅になるでしょう。でもそれでも、タイのエッセンスは十分に感じられるはず。 今回はそんなタイ弾丸トラベラーのために、バンコクを中心とした2泊3日のモデルコースをご用意しました。初めてのタイ旅行でも安心の内容になっていますよ。 ベストシーズンはいつ? タイ旅行のベストシーズンは、11月〜2月の乾季。特に12月〜1月にかけては、1年で最も過ごしやすい時期です。 バンコクの平均最高気温は32度前後、最低気温は20度前後と、比較的涼しい気候が続きます。また、雨の日も少ないので、観光に最適な季節と言えるでしょう。 ただし、このシーズンは旅行者が増える時期でもあり、「ハイシーズン」と呼ばれています。ホテルや飛行機のチケットは早めに確保しておくのがおすすめ。 逆に7月〜10月の雨季は「オフシーズン」。スコールのような激しい雨に見舞われる日もありますが、常に雨が降っているわけではありません。 オフシーズンのメリットは、ホテルや飛行機のチケットが安くなること。旅行会社のツアーも値下がりするので、費用を抑えたい方にはおすすめですよ。 気になる旅行の予算は? 気になるのはやっぱり旅行の予算。タイ2泊3日の場合、1人あたりの費用は平均して5万〜10万円ほどが目安です。 内訳は、往復航空券が3万〜6万円、ホテル代が1万〜2万円、食事や買い物、アクティビティで1万〜3万円といったところ。為替レートやシーズンによって変動はありますが、これくらいの予算感覚を持っておくと良いでしょう。 でも実はこれ以上に安く抑えることも可能。格安航空会社(LCC)を利用したり、ゲストハウスに泊まったり、屋台飯を中心にしたりと工夫次第。 プランによっては、2泊3日で5万円以下の旅行も実現できちゃいます。反対にお土産選びなどで散財すれば、10万円以上の出費もあり得るので要注意。 自分なりの節約テクニックを駆使しつつ、予算内でタイを満喫するのがベストですね。 両替はどうすべき? 海外旅行の際に悩むのが、現地通貨の両替問題。タイの通貨はタイバーツで、1バーツは約3.5円ほどです(2023年5月現在)。 基本的にはクレジットカードが使える場所も多いのですが、屋台などの小さなお店では現金払いがメイン。両替は必須と言えるでしょう。 おすすめは、出発前に日本の銀行やツアー会社で両替しておくこと。空港や市中の銀行よりもレートが良いことが多いんです。 とはいえ、多額の現金を持ち歩くのは治安面で不安という方もいるはず。その場合は、到着後にバンコク市内の両替所を利用するのがベター。 スワンナプーム空港や市内の大型ショッピングモール内にある「スーパーリッチ」は、レートの良さで定評があります。手数料無料なのも嬉しいポイント。 どちらの方法でも、タイの物価の安さを考えれば、1万〜2万バーツ(約3.5万〜7万円)ほど両替しておけば十分でしょう。 タイ2泊3日モデルコース 1日目:バンコクの寺院巡り ワット・ポー バンコクに到着したら、まずはタイ仏教の総本山「ワット・ポー」へ。黄金に輝く涅槃仏は圧巻の迫力です。 境内には仏塔や回廊など見どころがたくさん。ガイド付きのツアーに参加すれば、タイ仏教の教えにも触れられますよ。 ワット・アルン 続いて訪れたいのが「ワット・アルン」。”暁の寺”とも呼ばれ、優雅な姿が人気のスポット。 実は、このお寺の正式名称は「ワット・アルン・ラーチャウォラーラーム」。でもタイ人でも、そんな長い名前は呼ばないそう。 川沿いに建つ白亜の仏塔は、バンコクのシンボル的存在。船に乗ってお寺に渡れば、また違った景色が楽しめるはずです。 ワット・プラケーオ&王宮 バンコク観光の大本命は「ワット・プラケーオ」と「王宮」。タイの歴史と文化を凝縮した、見応え抜群のスポットです。 黄金の仏塔や荘厳な本堂、煌びやかな装飾の数々。その美しさに圧倒されっぱなしになること間違いなし。 でも見学の際は服装に注意が必要。肌の露出が多いと入場を断られるので、長袖や長ズボンがマストですよ。 夜はカオサン通りを散策。屋台グルメを食べ歩いたり、マッサージ店でリラックスしたり。バックパッカーたちの交流の場としても知られるエリアです。 2日目:アユタヤ観光&ナイトマーケット アユタヤ遺跡 2日目は、世界遺産の古都「アユタヤ」へ日帰りで観光。バンコクから車で約1時間半の場所にある、歴史ロマンあふれるスポットです。 見どころは、何と言っても荘厳な遺跡群。1350年に建国されたアユタヤ王朝時代の寺院や宮殿が、今なお当時の面影を残しています。 「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」や「ワット・マハタート」など、広大な敷地に点在する遺跡をめぐってみては?タイムスリップしたかのような感覚を味わえますよ。 ダムヌンサドゥアック水上マーケット 午後はぜひとも「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」へ。タイの伝統的な風景を見られる人気スポットです。 クロントゥーイと呼ばれるカラフルな小舟が行き交う光景は、まるで絵画のよう。新鮮な果物や野菜、ローカルフードなどを売る屋台も出ています。 セリの掛け声を聞きながら、のんびりと水上散歩を楽しんでみてくださいね。 帰りのバスの中で昼寝をして体力回復。夕方にはバンコクの中心地に戻ってきます。 ナイトマーケット 夜はぜひとも、バンコクの名物「ナイトマーケット」へ繰り出したいところ。 おすすめは「ラチャダー鉄道市場」。線路上にずらりと露店が並ぶ光景は圧巻です。雑貨やお土産、屋台グルメまで何でもそろうので、お買い物にはもってこい。 ほかにも「タラートロットファイ・ラチャダー・ナイトマーケット」や「パッポン・ナイトマーケット」など、バンコク市内には大小さまざまなナイトマーケットがあります。 ショッピングに夢中になるのも良いですが、朝が早いので夜更かしは禁物。ほどほどに切り上げて、ホテルでゆっくり休むのがおすすめですよ。 3日目:お土産選び&帰国 ショッピングモールでお買い物 いよいよ帰国の日。最後の思い出作りに、バンコクの大型ショッピングモールはいかがでしょう。 「サイアムパラゴン」や「セントラルワールド」など、高級ブランドから地元の人気ショップまで何でも揃う巨大モールがおすすめ。 お土産選びにも最適です。タイシルクやココナッツオイル、トムヤムクンの素など、定番のお土産を買い忘れずに。 免税手続きを済ませるのもお忘れなく。 ワットサケット モールでのショッピングを楽しんだ後は、「ワットサケット」へ足を運んでみては?バンコクで一番高い丘の上に建つ、黄金の仏塔が目印です。 頂上までの300段以上の階段を上れば、バンコクの絶景パノラマが広がります。都会のど真ん中にありながら、のどかな雰囲気を味わえるスポットですよ。 帰りの飛行機ではゆっくりと休養を。あっという間の2泊3日でしたが、タイの魅力をたっぷりと堪能できたはずです。 タイ旅行の注意点 服装と持ち物 タイは1年中暑い国。基本的には夏物の服装で過ごせますが、寺院の参拝など場面に合わせた服選びが大切です。 ワット・プラケーオなどの王室寺院では、肌の露出は厳禁。膝下まである長ズボンやスカート、肩の隠れる服装が必須ですよ。 また、日差しがかなり強烈なので、日焼け対策は万全に。日傘や帽子、サンスクリーンなどを忘れずに持参しましょう。 その他あると便利なのは、以下のようなアイテム。 もちろん、パスポートや航空券、クレジットカードなどの必需品も忘れずに。でも盗難のリスクもあるので、荷物は最小限に抑えるのが賢明ですよ。 食事情報 タイは屋台グルメの宝庫。バンコクの街角 では、1食50バーツ(約175円)前後の価格で、本格的なタイ料理が味わえちゃいます。 定番メニューは「パッタイ(タイ風焼きそば)」や「ガパオライス(バジル炒めご飯)」、「トムヤムクン(エビのスープ)」など。どれも辛めの味付けが特徴ですが、現地の人は唐辛子を加えて、さらに辛さを調整するのだとか。 屋台以外にも「フードコート」は庶民的な価格で食事ができるのでおすすめ。バンコクの大型ショッピングモール内には必ずと言っていいほど、広々としたフードコートがあります。 衛生面が心配な方は、エアコンの効いたフードコートを選ぶと安心。1食100バーツ(約350円)もあれば、ガッツリ食べられますよ。 もちろん、高級レストランで優雅にディナーを楽しむのも贅沢な体験。タイ料理だけでなく、イタリアンやフレンチ、日本食など、グルメの選択肢は幅広いんです。 食事の際は、氷の入っていない飲み物を選ぶのがセオリー。屋台で出される氷は衛生状態が不安なので、できるだけ避けたほうが無難ですよ。 トラブル回避のヒント タイの治安は決して良いとは言えません。観光客が狙われるスリや置き引きなどには、十分に注意が必要です。 など、一般的な注意を怠らないようにしましょう。 トゥクトゥク(三輪タクシー)などの交通機関でもぼったくりのトラブルが多発。乗車前に行き先と料金をしっかり確認し、多めの金額を要求されたらきっぱりと断るのがベターです。 少しの警戒心を持つだけで、ほとんどのトラブルは回避できるはず。でも万が一何かあっても、大きなケガをしない程度に抵抗するのが賢明ですよ。 役立つタイ語会話 せっかくタイに来たなら、簡単な挨拶くらいはマスターしたいですよね。旅行中に使えるフレーズを、いくつかご紹介しましょう。 タイ語は発音が難しいと言われますが、現地の人は多少間違っていても、片言のタイ語で話しかけてくれるだけで喜んでくれます。 恥ずかしがらずに、積極的にコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。旅の楽しみが、きっと何倍にも膨らむはずですよ。 まとめ タイ2泊3日の弾丸旅、いかがでしたか?バンコクを中心に、限られた時間でもしっかり満喫できるモデルコースをご紹介しました。 1日目はバンコクの寺院巡り、2日目はアユタヤ遺跡とナイトマーケット、3日目はお土産選びとワットサケット観光。あっという間の滞在でも、見どころをコンパクトに網羅できるプランになっています。 気になる旅行の予算は、1人あたり5万〜10万円ほどが平均的。でも節約テクニック次第では、それ以下の費用で楽しむことも可能ですよ。 […]
  • タイ4泊5日の旅!バンコク&プーケットを完璧に楽しむモデルコース
    タイは日本人に大人気の海外旅行先。バンコクの寺院巡りやショッピング、プーケットのビーチリゾートなど、楽しみ方は盛りだくさんです。 でも「タイに行くなら何日くらいがちょうどいい?」「4泊5日の旅行だと、どんなプランがおすすめ?」など、わからないことも多いですよね。 そこでこの記事では、タイ4泊5日の完璧なモデルコースをご紹介!バンコクとプーケットの見どころをギュッと詰め込んだ、充実の観光プランをお届けします。 旅行の予算や持ち物、気をつけたいことなども併せてチェック。あなたの旅がより素敵なものになるよう、役立つ情報が満載ですよ。 さぁ、ワクワクのタイ旅行へ、出発しましょう! タイ旅行の基本情報 項目 内容 おすすめ滞在日数 3泊5日~4泊6日 ベストシーズン 11月~2月 平均的な予算 4泊5日で10万~15万円 服装 夏物、日よけ対策グッズ 通貨 タイバーツ(1バーツ≒約3.5円) タイに行くなら何日くらいがおすすめ? タイ旅行を満喫するなら、3泊5日~4泊6日ほどの滞在日数がおすすめ。定番のバンコクと、南部のリゾート地を組み合わせるのが一般的なプランです。 とはいえ、タイは見どころが多い国。もっとのんびりと過ごしたいなら、1週間以上の滞在もアリですよ。逆に時間が限られている方なら、2泊3日や3泊4日の弾丸ツアーも可能。でも、あまり欲張りすぎるのは禁物です。 今回は、バンコクとプーケットをじっくり楽しめる4泊5日のモデルコースに絞ってご案内。観光もグルメもしっかり押さえつつ、ビーチでのリラックスタイムまで完璧にプランニングしました。 ベストシーズンはいつ? タイ旅行のベストシーズンは、11月~2月の乾季。特に12月~1月にかけては、1年で最も涼しい時期です。 バンコクの平均最高気温は30度前後、プーケットでは29度前後と、比較的過ごしやすい気候が続きます。また、雨も少なめなので、観光にはうってつけの季節ですね。 とはいえ、この時期はタイへの旅行者が増える「ハイシーズン」でもあります。ホテルや飛行機のチケットは早めに確保しておきましょう。料金も高めに設定されがちなので、計画的に準備するのがおすすめですよ。 反対に6月~10月は雨季。1日のうち何時間か、スコールのような豪雨に見舞われることも。でも、常に雨が降っているわけではないので、旅行は十分に可能です。 「オフシーズン」のこの時期は、ホテルや飛行機のチケットが安くなるメリットも。予算を抑えたい方にはおすすめですよ。 気になる予算は? タイ4泊5日の旅行にかかる費用は、平均して1人あたり10万~15万円ほど。 内訳は、往復航空券が4万~7万円、ホテル代が2万~4万円、食事や買い物、アクティビティで3万~5万円が目安です。為替レートやシーズンによって変動はありますが、これくらいの予算感覚を持っておくと良いでしょう。 とはいえ、これはあくまで平均的な数字。旅のスタイルによって、もっと安く上げることも可能です。 例えば、エコノミークラスの利用やゲストハウスへの宿泊、屋台中心の食事など、節約のコツはいろいろ。反対にファーストクラスやラグジュアリーホテル、高級レストランでの食事を楽しめば、20万円以上の出費になることも。 パッケージツアーを利用するのもおすすめ。航空券とホテルがセットになっているので、個別に手配するよりもかなりお得になることが多いんです。まずは大手旅行サイトをチェックしてみてくださいね。 物価の安さが魅力 タイ旅行の何より魅力は、「物価の安さ」。日本と比べると、かなりリーズナブルに楽しめるのが嬉しいポイントです。 例えば、屋台の食事は1食50~150バーツ(約175~525円)ほど。ショッピングモールのフードコートでも、200バーツ(約700円)もあれば、がっつりと食べられます。 移動も格安。バンコク市内の移動なら、BTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)を使えば、1回15~50バーツ(約53~175円)程度。タクシーでも、初乗り35バーツ(約123円)と、とってもお手頃です。 アクティビティにしても、遺跡の入場料は100バーツ(約350円)前後が相場。プーケットのシュノーケリングツアーなら、1,000バーツ(約3,500円)ほどで参加できちゃいます。 もちろん、高級レストランやブランドショップを利用すれば、それなりの出費になるのは当然。でもトータルで考えれば、日本よりもぐっと節約できるのは間違いありませんよ。 タイ4泊5日モデルコース 1日目:バンコク到着 バンコクのスワンナプーム国際空港に到着。空港からバンコク市内までは、電車やタクシー、送迎バスなどを利用します。 市内までは1時間ほどで到着。ホテルにチェックインしたら、まずはゆっくりと休養を。 夕方からナイトマーケットへ繰り出してみては?ルンピニー公園の近くにある「ラチャダー鉄道市場」は、線路上にずらりと屋台が並ぶ名物スポット。 マッサージ屋やバーも立ち並び、ナイトマーケット特有のにぎやかな雰囲気を楽しめますよ。 2日目:バンコク市内観光 この日は、バンコク市内の定番スポットを効率よく周ります。 ワット・ポー バンコク三大寺院の1つ「ワット・ポー」へ。大きな涅槃仏は圧巻の迫力です。敷地内には仏塔や回廊など、見どころがたっぷり。ゆっくりと散策を楽しみましょう。 ワット・アルン チャオプラヤー川の対岸に佇む「ワット・アルン」は、バンコクのシンボル的存在。川を渡る船から眺める、荘厳な景色は必見ですよ。 ワット・プラケーオ&王宮 バンコク観光の大本命「ワット・プラケーオ」と「王宮」へ。黄金に輝く荘厳な佇まいは、まさに圧巻の一言。タイ王朝の栄華を感じられる場所です。 見学の際は肌の露出に注意。襟付きのTシャツにズボンというコーディネートがマストですよ。 夕方はカオサン通りでタイ料理を堪能。パッタイ(タイ風焼きそば)や、タイ風鶏肉のグリルなどは外せません。物売りや屋台の賑わいを楽しむのもおすすめです。 3日目:バンコクからプーケットへ 午前中は、MBKセンターやサイアム・パラゴンなどのモールでショッピング。お土産選びにもぴったりですよ。 午後にバンコクを発ち、プーケットへ移動。プーケットまでは飛行機で1時間ほど。到着後はパトンビーチの近くのホテルへチェックインします。 夕方にはパトンビーチの観光へ。ビーチ沿いのにぎやかなバーや屋台を巡るのが定番コースです。 4日目:プーケット観光 いよいよ、念願のプーケット観光。 午前中は、絶景スポットの「プロムテープ岬」や、仏教の聖地「ワットシャロン」などを巡ってみては? 昼からは、思い切りビーチを満喫。プーケットと言えば「ピピ島」。エメラルドグリーンの海に、真っ白な砂浜が続く絶景は、まさに天国のよう。 シュノーケリングやダイビングといったアクティビティにも挑戦してみては?色鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚との出会いは、忘れられない思い出になるはず。 夕方はカタビーチなどでサンセットを眺めるのがおすすめ。雄大な夕日に心が洗われますよ。 5日目:プーケット発、バンコク経由で帰国 最終日は、ホテルをチェックアウトした後、お土産選びなどをしてプーケット空港へ。 プーケットからバンコクへ移動し、バンコクで国際線に乗り換えて帰国の途へ。 機内では今回の旅を振り返りつつ、次のタイ旅行を妄想するのも楽しいかも? タイ旅行の服装と持ち物 服装のポイント タイは1年中暑い国。とはいえ夏服だけでOKというわけではありません。 寺院見学の際は、肌の露出は厳禁。肩や膝が隠れる服装が絶対条件です。男性はズボンにTシャツ、女性はワンピースなどを選ぶようにしましょう。女性用にショールが用意されている寺院もあります。 また、日差しが強烈なので、日よけ対策は必須。帽子やサングラス、日焼け止めを忘れずに。 街歩きでは、歩きやすいサンダルがおすすめ。でも寺院の参拝時は靴を脱ぐことが多いので、靴下を履いていた方が安心ですよ。 その他、あると便利なのは以下のようなアイテム。 旅のスタイルに合わせて、荷物をチョイスしてみてくださいね。 持ち物リスト タイ旅行で必ず必要なものをチェックしておきましょう。 これ以外にも、タイ語の会話帳やトラベラーズチェックなど、あると便利なものはたくさん。でも荷物は最小限に絞るのが賢明ですよ。 タイ旅行を100倍楽しむコツ ローカル移動でトゥクトゥクに乗ろう バンコクの街中を走る「トゥクトゥク」は、移動手段として超便利。値段交渉さえ上手くできれば、格安で目的地まで行けちゃいます。 乗り心地は、想像以上にスリリング。風を切って走る爽快感は、バイクタクシーならでは。タイ旅行の醍醐味を感じられる体験ができますよ。 ただし、観光客相手のぼったくりには要注意。行き先と料金をしっかり確認してから乗車しましょう。 市場で食べ歩きグルメを満喫 タイの市場には、食べ歩きグルメがいっぱい。屋台の代名詞「ソムタム(青パパイヤのサラダ)」は、辛いけど病みつきになる味わい。 他にも、揚げバナナや肉団子、ココナッツアイスなど、名物がずらり。 値段も1品20~50バーツ(約70~175円)ほどと、とってもリーズナブル。いろんな屋台をハシゴして、お腹いっぱい楽しんでくださいね。 マッサージ店でリラックスタイム 1日の観光で疲れた体を癒やすなら、マッサージ店がおすすめ。タイ古式マッサージは、健康増進効果も期待できる人気のメニューです。 街中には1時間200バーツ(約700円)ほどの格安マッサージ店がたくさん。日本の感覚だとかなりお得ですが、タイでは相場価格なんです。 マッサージ師さんの中にはあまり力加減が上手でない人もいるので、痛かったら遠慮なく言いましょう。「バオバオ(優しく)」と伝えれば、きっと対応してくれるはず。 ナイトマーケットで優雅なバータイム バンコクの夜は、ナイトマーケットでまったり過ごすのがおすすめ。ショッピングを楽しんだ後は、おしゃれなルーフトップバーでカクテルはいかが? 特に人気なのが「ルーフトップ・バー&レストラン・コクーン」。360度パノラマで広がるバンコクの夜景は、まさに絶景。優雅な音楽とお酒に酔いしれれば、特別な夜になること間違いなしです。 ドレスコードがあるお店も多いので、あまりラフ過ぎる格好は避けたほうが良いでしょう。 日本語ガイドオプションのツアーに参加 プーケット観光は、混載ツアーに参加するのがおすすめ。「ピピ島ツアー」や「シミラン諸島ツアー」など、人気のプランに、お得に参加できるチャンスです。 とはいえ、ガイドさんの説明が英語だと、聞き取れないこともしばしば。せっかくの観光なのに、もったいないですよね。 そんな時は、日本語ガイドオプションがついたツアーを選ぶのがベスト。料金は少し高くなりますが、グンと理解が深まるので大満足間違いなし。 思い出に残る素敵な体験ができるはずですよ。 まとめ タイ4泊5日の旅、いかがでしたか?バンコクとプーケットの見どころを凝縮した、充実のモデルコースをお届けしました。 4泊5日なら、1人10万~15万円ほどの予算で楽しめるのがポイント。リーズナブルに満喫できるのは、何といってもタイ旅行の魅力ですよね。 旅の時期は11月~2月の乾季がおすすめ。でも雨季のオフシーズンなら、お得に楽しむこともできるんです。 旅の服装は夏物中心でOK。ただし寺院参拝の際は露出控えめのコーデを忘れずに。あとは日よけグッズや虫除けスプレーなど、あると便利なアイテムもお忘れなく。 バンコクではトゥクトゥクに乗ったり、市場で食べ歩きしたり。プーケットではシュノーケリングツアーに参加したり、ビーチでのんびりしたり。 タイ旅行には楽しみ方がいっぱい。現地のグルメやマッサージ、ナイトライフなども思う存分堪能してくださいね。 […]
  • シンガポール3泊4日の旅!街歩きもグルメも120%満喫できる完璧プラン
    多民族国家シンガポールは、アジアを代表する人気旅行先。コンパクトな国土に、見どころがぎゅっと詰まった魅力的な街です。 でも「シンガポールに3泊4日で行くなら、どんなプランがおすすめ?」「気になる旅行の予算は?」など、わからないことがたくさんありますよね。 そこでこの記事では、シンガポール3泊4日の完璧なモデルコースをご提案!定番スポットから穴場まで、絶対に外せない観光地を効率よく巡るプランを考えました。 また、旅行に必要な費用や最適な時期、お得な情報もたっぷりとお届け。あなただけの素敵な旅のヒントが、きっと見つかるはずです。 それでは、シンガポール3泊4日の旅へ、出発しましょう! シンガポール旅行の基本情報 項目 内容 おすすめ滞在日数 2泊3日~4泊5日 ベストシーズン 6月~9月 平均的な予算 3泊4日で12万~18万円 服装 夏服、日よけグッズ 通貨 シンガポールドル(1SGD≒90円) シンガポール旅行に最適な日数は? シンガポールは街のサイズがコンパクトなので、短い日程でもたくさんの見どころを回れるのが魅力。2泊3日~4泊5日ほどの滞在がおすすめです。 とはいえ、あまりに慌ただしい旅では、ゆっくりとシンガポールの魅力を味わえないかも。できれば3泊4日以上の日程を確保するのが理想的ですね。 今回は、シンガポール3泊4日のモデルコースに絞ってご紹介。見どころをしっかり押さえつつ、街歩きやグルメもたっぷり楽しめるプランになっていますよ。 シンガポール旅行のベストシーズンはいつ? シンガポールは一年を通して気温が高く、雨季と乾季の区別がありません。そのため、基本的にはいつ行っても観光に適しているんです。 その中でも特におすすめなのが、6月から9月にかけての期間。他の時期と比べると、若干雨の日が少なくなる傾向にあります。 6月には「グレート・シンガポール・セール」といった大規模なセールが開催され、お得にショッピングが楽しめるのも魅力。7月から8月は、シンガポールの建国記念日をお祝いするイベントなども見どころですよ。 ただし夏休みシーズンは、旅行者が増えて混雑しがち。ホテルや航空券の料金も高めになるので、できるだけ早めに予約するのがおすすめです。 逆に10月から翌年2月は、比較的空いている穴場の時期。雨が多めな点には注意が必要ですが、旅行代金を節約できるのは大きなメリットですね。 シンガポール3泊4日の旅行費用は? シンガポール3泊4日の旅行にかかる費用は、1人あたり平均12万~18万円ほど。 内訳は、往復航空券が5万~8万円、ホテル代が3万~6万円、現地での食事代や移動費、アクティビティ代などで4万~6万円が目安です。 とはいえ、これはあくまで平均的な予算。旅のスタイルによって大きく変動します。 たとえばLCCを利用したり、ホステルに泊まったり、食事は屋台中心にしたり。節約のコツを押さえれば、もう少し安く済ませられるはず。 逆にビジネスクラスの利用やラグジュアリーホテル、ミシュランレストランでの食事を楽しむなら、20万円以上の出費も。でもその分、より贅沢なひとときが待っていますよ。 旅行代金を抑えたいなら、ツアーの利用もおすすめ。航空券とホテルがセットになっているので、個別に手配するよりもリーズナブルになることが多いんです。 シンガポールへの旅行でお得な情報は? シンガポール旅行を存分に楽しむなら、お得な情報をしっかりチェックすることが大切。ここではそんな、旅行代金を節約できる2つのポイントをご紹介します。 シンガポール・ツーリストパス(STP) シンガポール国内の交通費を節約できるのが「シンガポール・ツーリストパス(STP)」。MRTやバス、LRTなどが1日乗り放題になるんです。 料金は1日10SGD(約900円)で、空港などで購入可能。パスの購入は必須ではありませんが、市内をたくさん移動する予定なら、かなりお得になるはずですよ。 食事はホーカーセンターを活用 シンガポールグルメを安く味わうなら、「ホーカーセンター」の利用がおすすめ。各国の屋台料理が一堂に会するフードコートのような場所で、ローカルに大人気なんです。 1食5~10SGD(約450~900円)ほどで、本格的な味を堪能できるのが魅力。ミシュランガイドでも星を獲得した店舗もあるので、クオリティは折り紙付きですよ。 シンガポール3泊4日モデルコース それでは、シンガポール3泊4日の旅をもっと具体的に見ていきましょう。観光名所はもちろん、おいしいグルメスポットもしっかりおさえた、充実の内容になっていますよ。 1日目:到着&マリーナエリア観光 マーライオン公園 シンガポールに到着したら、まずは「マーライオン公園」へ。シンガポールのシンボルであるマーライオン像は、記念撮影スポットとして超有名です。 公園内は無料で散策できるので、到着日にさくっと立ち寄るのがおすすめ。近くにはマリーナ・ベイも広がっていて、シンガポールらしい景色を楽しめますよ。 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ シンガポールを代表する観光名所「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は外せません。広大な敷地に、未来的な巨大木が立ち並ぶ光景は圧巻です。 園内には温室「フラワー・ドーム」や「クラウド・フォレスト」など、見どころがたくさん。夜になるとライトアップも行われ、幻想的な雰囲気に包まれますよ。 マリーナ・ベイ・サンズ シンガポールのランドマークとして知られるのが「マリーナ・ベイ・サンズ」。船のような特徴的な外観は、シンガポールを象徴する景色の1つです。 57階にある「インフィニティプール」は、宿泊者のみ利用可能。シンガポールの絶景を眺めながら泳げる、贅沢な体験ができますよ。 2日目:セントーサ島&シティ観光 ユニバーサル・スタジオ・シンガポール 2日目は、人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」へ!セントーサ島にある施設で、ハリウッド映画の世界観を存分に味わえます。 ジュラシック・パークやトランスフォーマー、ミニオンなど、大人気作品のアトラクションがずらり。思い切り楽しんでくださいね。 マーライオン・タワー マーライオン像を上から眺められるのが「マーライオン・タワー」。高さ37mの展望デッキからは、シンガポールの絶景が広がります。 マーライオンミュージアムも併設されていて、シンガポールの歴史や文化を学べるのも魅力。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。 オーチャードロード シンガポール最大のショッピングエリア「オーチャードロード」にも足を運んでみては?高級ブティックからお手頃なブランドまで、あらゆるショップが軒を連ねています。 お土産探しにはもってこい。免税店も充実しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。 3日目:リトルインディア&チャイナタウン スリ・マリアマン寺院 3日目は、多民族国家ならではの個性的なエリアを散策。まずは「リトル・インディア」へ向かいます。 ヒンドゥー教の寺院「スリ・マリアマン寺院」は、そのカラフルな外観が印象的。インドを思わせる雰囲気を、存分に味わってくださいね。 マスタファ・センター リトル・インディアにある「マスタファ・センター」は、24時間営業の巨大ショッピングモール。雑貨からスパイス、エスニック衣料まで、何でも揃う便利スポットです。 お土産選びにもおすすめ。欲しいものが必ず見つかるはずですよ。 ブッダ・トゥース・レリック寺院 午後は「チャイナタウン」を訪れてみては?観音様の歯が祀られている「ブッダ・トゥース・レリック寺院」は、必見の寺院です。 荘厳な佇まいに圧倒されること間違いなし。チャイナタウンをのんびり散策しながら、ローカルな雰囲気も味わってくださいね。 マックスウェル・フードセンター チャイナタウンにある「マックスウェル・フードセンター」は、ホーカー飯の名所。屋台が軒を連ねる光景は、まさにシンガポールならでは。 チキンライスの名店「ティアン・ティアン・海南鶏飯」は、ミシュランビブグルマンにも選ばれた超人気店。ぜひ味わってみてくださいね。 4日目:お土産選び&帰国 アラブストリート 最終日は、雑貨や衣料品の宝庫「アラブストリート」でお買い物。中東のバザールのような雰囲気が漂う、フォトジェニックなスポットです。 モスクをバックに撮影すれば、まるで異国にいるかのよう。お土産選びにもぴったりの場所ですよ。 ラッフルズ・ホテル シンガポールの歴史を感じられるのが「ラッフルズ・ホテル」。著名人も愛したクラシックな佇まいは、まるで映画のワンシーンのよう。 ホテル内のカフェ「ティー・ラウンジ」では、優雅なアフタヌーンティーも楽しめます。シンガポールの思い出に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 以上が、シンガポール3泊4日のモデルコース。見どころを効率的に巡りつつ、グルメや買い物も満喫できる盛りだくさんの内容になっています。 でも、これはあくまで一例。もしもっと時間があるなら、プラナカン文化に触れられる「プラナカン博物館」や、自然を感じられる「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」の奥にある「ベイ・イースト・ガーデン」など、足を延ばしてみるのもおすすめですよ。 シンガポール観光の注意点 せっかくのシンガポール旅行。できるだけ快適に過ごすためにも、事前に知っておきたい注意点をまとめてみました。 服装と持ち物 シンガポールは年中高温多湿。日中の気温は30度を超えることもザラなので、なるべく薄手の服装がおすすめです。 日差しも強烈なので、日焼け対策は必須。サンバイザーやUVカット加工の服など、しっかり準備しておきましょう。 モスクなど宗教施設に入る際は、肌の露出は避けるのがマナー。ショートパンツやノースリーブは控えめに、ロングスカートやカーディガンを羽織る のがベターです。 また、シンガポールの室内は冷房が強めなことが多いので、上着を持参するのも忘れずに。屋内外の温度差が激しいので、体調管理には気をつけましょう。 その他の持ち物としては、以下のようなものがあると便利ですよ。 食事情報 シンガポールはグルメ天国。各国の料理が味わえるのはもちろん、ローカルフードの美味しさも折り紙付きです。 ただし日本人の口に合わないものもあるので、以下の点には注意が必要かも。 とはいえ、ホーカーセンターを活用すれば、比較的リーズナブルに食事ができるのも魅力。ぜひ色んな料理に挑戦してみてくださいね。 注意点としては、屋台での食事は衛生面が心配という声も。できるだけ人気店を選ぶようにすれば、安心して味わえるはずですよ。 トラブル回避のヒント 治安が良いことで知られるシンガポール。観光地を中心に犯罪は少なく、旅行者が巻き込まれるトラブルもあまり聞きません。 とはいえ、やはり海外。油断は禁物です。 など、一般的な注意を心がければ大丈夫。 また、シンガポールでは「ガム禁止法」など独特の法律があるのも特徴。知らないと思わぬ罰則を受けることもあるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。 役立つ英語表現 シンガポールの公用語は英語。街中のサインや交通機関のアナウンスも、基本的には英語表記になっています。 とはいえ、簡単な英語が話せればコミュニケーションに困ることはありません。旅行中に使えるフレーズを、いくつかご紹介しましょう。 ゆっくりとはっきり話せば、ほとんどの場合は通じるはず。でも言葉が分からなくても、ジェスチャーを交えれば意思疎通できることも多いんです。 […]